フラッシュ・ポイント/矢沢朋子

『フラッシュ・ポイント/矢沢朋子』

Geisha Farm/MSM 60107  ¥ 4,725 (税込)[2枚組]

矢沢朋子 - Piano, Prepared Piano & Synthesizer

CD 1 (63:07)
1. ウォーク・マン( 1999) / 平石博一
2. 秘密の花園2 (1984-86/1993)/ カイヤ・サーリアホ
3. Carny (1992) / ジョン・ゾーン
4. バッカス祭 (1940) / ジョン・ケージ
5. カンテヨージャヤ (1948) / オリヴィエ・メシアン
6. 除夜舞 (1997-1998) / 平石博一

CD 2 (44:44)
1. 風光る時 (1995) / 平石博一 [arr. 矢沢朋子 ]
2. スパルタンアーク〜イヴァ・ミカショフの憶い出に / デヴィッド・ラング
3. ケージ〜ジョン・ケージの憶い出に / デヴィッド・ラング
   [2. 3. from "Memory Pieces"(1997) /sound design: 矢沢朋子 ]
4. ザ・セイム・スカイ (2000) / キャロリン・ヤーネル
5. 7つの指輪 / エグベルト・ジスモンチ [arr. 糸川玲子 ]

Recorded at Premier Amanuma Studio (Tokyo Japan)
November 24, 25, 28, 29, 30, & December 27, 28, 29, 2005
Live Recording on Nov. 27, 1993 at Tokyo Bunka Kaikan Recital Hall (CD 1 [5]),
March 20, 1997 at Tokyo Bunka Kaikan Recital Hall (CD 1 [3])
Nov.14, 1999 Chelsemoi Apartment 2E (CD 2 [3])
May 21, 2003 at Sumida Toriphony Recital Hall in Tokyo (CD 2 [2])
Mixed at Media Entertainment Studio-A (Tokyo Japan)
Recording, Mixing & Mastering Engineers:
Takenori Katagiri (sound craft LIVE DESIGN Co. / S.C. ALLIANCE Inc.)
Hideharu Takayama (MEDIA ENTERTAINMENT Co. / S.C. ALLIANCE Inc.)
Executive Producer : Tomoko Yazawa

矢沢朋子は、現代音楽を得意としたピアニストのクロード・エルフェ(ルイ・マル監督『鬼火』ではサティを演奏)に師事した後、 90 年代末からアメリカ実験音楽や映像を含むメディア・アートとの関わりを深め、「ラヴェル、ストラヴィンスキー、メシアンにおける“反復”を継承したアメリカのミニマル・ミュージックがコンピュータと結びついてポップ化したのがテクノである」という観点から、アーティフィシャル感覚あふれる美学とエレクトロニク・サウンドを大胆に導入して、ピアノ音楽の世界を未知の地平線に向けて切り拓き続けているユニークなアーティストである。
平石博一の音楽は硬質でメタリックな音色を使った急速なパターン反復を特徴とするが、本盤に収録された3曲でもエレクトリック・ミニマル・ワールドの向こう側に意識が浮遊する羊水感覚をもたらす。と同時に、夕暮れの街に明滅する電気の青い火花が目の前の場所を瞬時に「ここではないどこか」に反転させる稲垣足穂の世界にも通じる魅力がある。ジョン・ゾーンの曲では終盤に鍵盤への「頭突き」まで楽譜に指定されていて、矢沢朋子のW杯ジダンを彷彿とさせるプレイが……、DVDでないのが残念。ジスモンチの「7つの指輪」は、彼のピアノ・ソロによる名盤『アルマ』の再発盤( 1993 )で聴ける一曲で、『 Infancia 』(ECM)でも演奏されている(古澤巌とアサド兄弟も演っている)。今回収録されたのは矢沢朋子の依頼で 2004 年に糸川玲子の手で編曲されたヴァージョンで、中間部に糸川自身による「水中で指輪の光が交差するイメージ」のパートが組み込まれている。きらめく光とリズムに彩られたジスモンチ作品の魅力をさらに深めていて素晴らしい。
特筆すべきは、高橋創による美しく思索的なジャケットだ。矢沢朋子の音楽を見事に視覚化している。本作は2枚組でやや価格が張るけれど、それだけの価値は充分すぎるほどある。現代音楽の聴き手だけではなく、テクノ、アンビエント、ジャズなど新しい音楽に敏感な幅広い音楽ファンに強くアピールするだろう。厳しい現実を受け入れ、それを見据えつつ、ぐっと前に一歩を踏み出そうとする「意志の力」が、ここに収録されたすべての作品の奥底から鳴り響いてくる。超推薦盤。JT

(堀内宏公)

関連リンク:
http://www.geishafarm.com/j_artist.html

Close >>