#  このCD2015海外編#06

『LECUONA JOJAZZ』
text by Keiichi Konishi 小西啓一


colibri

<piano / arranger>
Jorge Luis Pacheco, Alejandro Merono, Rolando Luna, Alejandro Falcon
<trumpet>
Yasek Manzano
<saxophone>
Michel Herrera
<congas, perc.>
Edgar Martinez Ochoa, Adel Gonzalez
<bass>
David Faya Cordova, Randi Bordon, Gaston Joya, Jorge Reyes
<drum>
Ruy Lopez-Nussa, Lennon Ruiz, Rodney Yllarza Barreto, Raul Herrera

1. SIEMPRE EN MI CORAZON - Jorge Luis Pacheco
2. TE VAS JUVENTUD - Jorge Luis Pacheco
3. PARA VIGO ME VOY - Jorge Luis Pacheco
4. GITANERIAS - Alejandro Merono
5. SIBONEY - Alejandro Merono
6. EN 3×4 - Alejandro Merono 視
7. CANCION DEL AMOR TRISTE - Rolando Luna
8. TU NO TIENES CORAZON - Rolando Luna
9. DAMISELA ENCANTADORA - Rolando Luna
10. LA COMPARSA - Alejandro Falcon
11. DANZA LUCUMI - Alejandro Falcon
12. A LA ANTIGUA - Alejandro Falcon

今年もまた余り日の当たらない楽園系〜ラテン・ジャズから…。この分野の話題はなんと言ってもラテン・ジャズのミュージシャンを長期にわたって追ったドキュメント・フィルム『キュー・バップ』の予想外のヒット。以前からの知り合いの美形才媛、二田綾子(綾ちゃん)も制作に関わり、いろいろ苦労談も聞かされていただけに、この小ヒットは嬉しいニュース。そしてアルトゥール・オファリル、ミゲル・ゼノンと言ったシーンを牽引する俊才達も好アルバムを発表、充実の1年でもあった。また今年は中南米最高の作曲家、エルネスト・レクオーナ没後50周年。彼に関するフィルムも作られそのサントラがゴンサロ・ルバルカバ、チューチョ・バルデス、ミッシェル・カミロと大物3人の揃い踏みで、文句なしの快作。これにしようとも思ったが、同じレクオーナ企画で、ロランド・ルナ等現在のキューバを代表する4人の若手・中堅ピアニストが、それぞれ3曲ずつ競演する『LECUONA JOJAZZ』(colibri)にした。何れもが超絶技巧の持ち主ばかりで、力感に溢れ胸のすくようなプレーが全編で展開される、曲の良さも相俟って、現在のキューバ・ジャズの実力の程を痛感させてくれる逸品。

小西啓一 Keiichi Konishi
ジャズ・ライター/ラジオ・プロデューサー。本職はラジオのプロデューサーで、ジャズ番組からドラマ、ドキュメンタリー、スポーツ、経済など幅広く担当、傍らスイング・ジャーナル、ジャズ・ジャパン、ジャズ・ライフ誌などのレビューを長年担当するジャズ・ライターでもある。好きなのはラテン・ジャズ、好きなミュージシャンはアマディート・バルデス、ヘンリー・スレッギル、川嶋哲郎、ベッカ・スティーブンス等々。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.