#  098-C

田村夏樹 たむら・なつき trumpeter/composer
藤井郷子 ふじい・さとこ pianist/band-leader/composer

インタヴュア:丘山万里子
2009年11月17日 東京・荻窪
photo:Ryo Natsuki(duo)/Toru Sasaki(solo)
CDジャケット(最新作):
1『Satoko Fujii New Yor Orchestra/干支〜ETO』(Libra 215-029)
2『KAZE/Rafale〜ラファール』(Circum-Libra 201)
3『Fujii Min-Yoh Ensemble/ウォーターシェッド』(Libra 204-028)

* 本項は諸般の事情により掲載が遅れたこと、お詫びいたします。
インタヴューが長時間に及んだため、3回に分けて掲載いたします。



田村夏樹
1951年、滋賀県生まれ。中学校のブラスバンドに入部。高校を卒業して上京、キャバレーのハウスバンドやスマイリー小原、宮間利之らのビッグバンドを経てフリーランスとなる。
1986年、バークリー音楽院に入学するも翌年帰国。1992年、自己のバンド「飛不動」で初CD。1993年、再渡米しニューイングランド音楽院入学。NY滞在を経て、1997年帰国。以後、藤井郷子とのコンビを中心に日本、欧米で活動を展開、多数のCDを制作。4人編成の「ガトー・リブレ」を率いる。

藤井郷子
1958年、東京生まれ。4才よりクラシック・ピアノを始める。クラシック・ピアノを宅孝二、作曲を南弘明、三枝成章、指揮を金子登に師事。20歳で即興音楽への興味からジャズに転向。ジャズ・ピアノを板橋文夫に師事。キャバレーのハウスバンドを経て、1985年バークリー音楽院入学。1987年優等賞を得て帰国、6年間の国内活動を経てニューイングランド音楽院入学、1996年ポール・ブレイとデビューCD『Something about Water』制作。NY滞在を経て、1997年帰国、以後、田村夏樹とのコンビを中心に日本、欧米で活動を展開。NY、東京、名古屋、神戸に藤井郷子オーケストラを持つ他、内外のミュージシャンと複数のバンドを維持している。

田村と藤井が関わる最新作は、9月に同時リリースされる『藤井郷子オーケストラ・ニューヨーク/干支』『KAZE/Rafale=ラファール』『Fujii Min-Yoh Ensemble/ウォーターシェッド』の3作(詳細は別項)。

「即興と作曲」 その3

♪ 複数の場合〜会話の楽しみ

O(丘山): 聴衆の話に移る前に、複数の場合の即興について伺いましょう。
T(田村): 相手が居る時は会話ですよね。ちょっと会話が弾まない時は、自分でポーンと、ところで話は変わるんだけど、と。(笑) それも言わずにボンと変えるとか。
F(藤井): 話しかけられてもひたすら無視するとか、いろいろ。そのやりとりが楽しいですね。
O: ソロの時と比べると、裏切られる、予期せぬできごとが多くて、未知との遭遇がたくさんあるんですね。
T: ソロより可能性が広がりますね。ただ、会話が弾まない相手もいるから、必ずしもソロより広がるとは限らない。と言って、話の合う相手とばかりだと発展しなくなる。
仲良しグループがいいわけじゃなく、コイツ、性格悪いなあ、と思いながらも共演していると面白くなってきた...。(と、ご両人、互いの顔を見ながら笑い転げる)
F: 人と話しているうちに自分の気付かなかったものが引き出されることありますよね。音楽でもそう。
それと、即興と言っても色々な即興がある。いわゆるインプロ・シーンには結構、やってはいけないことがあったり。明らかな機能和声は絶対避けるし。
T: イーヴン・パルスを嫌がる人もいる。ビートが出てきたり、ドミソなんて吹こうものなら白い目で見られたり。(笑)
O: 相手によって縛りがあるんですね。
T: フリー・インプロなんて言っても、けっこう不自由だなあと思いますよ。
F: インプロにもジャンルがあって、1960年代のフリージャズの人たちとも違って、とか。
O: お二人はどのあたり?
F: はざま、いろんなところの。(笑)ジャズ・リスナーからはジャズじゃない、ロックと言われ、ロックからはロックじゃない。インプロからは中途半端だと。(笑)
O: 演奏サイドにしても、聴衆にしても、ジャンルが細分化されていて、越境が難しいんですね。やっぱりある種の仲間内の会話、とも言える...。

♪ 即興での限界

O: 作曲で行き詰まる、というお話が藤井さんからありましたが、即興のときの最初の一音に悩むことは?
T: 僕は何も考えずに出て行って、ラッパかまえてバッと。(笑)
O: 真っ白なところにボチャンと飛び込むような感じですか?
F: その前に、後ろでドラムがガシャーンとか...あとはもう、どんどん。
O: 即興演奏していて行き詰まること、限界を感じることはないんでしょうか。
T: ないですね。(即答)
F: 限界って何ですか?
O: つまり...自分という個体の枠、境界をどうしても打ち破れない、というようなことです。語法がパターン化してしまうことに気付くとか。これまでの音楽的蓄積の縛りから出てゆけない、というような。手癖とか言い回しも含めて。
F: それは、始終ある。
T: あ、またあれやってるって。(笑)でも、それが個性でもあるし。また、と思っても、それを自分がどう感じるかは、その時々で違う。気がついて、じゃ、別のを、と思うこともあるし。
F: たとえば録音を聞いて、やっているその時は気付かなくとも、あ、またこれ、って思って、でもそれがいいと思えることもある。同じ事をやっても、文脈が異なれば、音楽の流れが異なれば、いいということです。
T: 限界、感じたことないから、わからないよね。(と互いに深く頷く)丘山さん、限界感じた事あります?
O: いいえ。感じないのも一つの才能!(全員爆笑)

♪ なぜ聴衆が欲しいか〜コミュニケイトの喜び

O: 作曲にしても、演奏にしても、基本は誰かに聴いて欲しいわけですが、それはなぜですか。楽器が好きで、それで何かやるのが好きで、新しいことに出会えるのが気持ちよくて、さらに人前でやるともっと気持ちいい。そこにある欲望って、なんでしょう。
T: 僕たち、あんまりそういうこと考えたことないなあ。お客さんが居るのは当然のように思ってきたから...誰も居なかったら、やる気にならないよね。どうしてかなあ。
セッションなんかやってもつまらないし。だから、練習は嫌いだけど本番は好き!(笑)
F: 演奏の場合、聴衆からのエネルギーが自分の中に反映される。私たち、お客さんが入っているところに出てゆくわけだけど、今日が成功かどうかは、そのとき、もうわかる。
バッチリ!と思える時は、いいエネルギーに満ちている。
O: 悪いエネルギーもあるんですか?
T: 義理で来ているとか、主催者が無理矢理、集めたとか...。そういう時は、案の定、始めると皆、目が点に...。(笑)
F: 即興の場合は聴衆も一緒に作っていくわけです。聴衆も会話に参加している。だから書かれた音楽より、はるかに即興のほうが聴衆の影響を受ける。聴衆も、その場を楽しむという意味で、はるかに楽しい。
O: ライブというのは自分たちの裸に近い、音楽的だけじゃなく、あらゆる意味で、自分のそのまんまを「見て! 聴いて!」と差し出すわけでしょう。そうやって、見たり聴いたりしてくれる誰かが居てはじめて、お二人の欲求というのは成就、というか、完結するということ?
F: そうですね...お客さんがいると、そのエネルギーがもらえて、疲れないし。
それと、深いところでコミュニケイトできる喜び。音楽ってそういうものでしょう。
O: そのコミュニケイトというのは、いわば、自分が限りなく拡張していって、ひろく、あまねく、いろいろな人と繋がることができる、という喜びでしょうか。そういう時のお二人の意識はどんな感じなんですか。
F: 自分がなくなる。自我がなくなるんですかね...。よくわからない...。
T: 自我が強いから。(笑)(と彼女を指す)
O: 田村さんは強くないんですか?
T: 薄いんじゃないでしょうかね。(笑)
F: 演奏していて気持ちいいときには自分の意識は...。
T・F: ほとんど意識して生きていないです!(爆笑)
O: ほとんど意識しない、よくわからない、そういう部分を知りたがる、言葉にしたがるのが私の習癖で...。ありがとうございました。

作曲も即興演奏も田村、藤井両氏にとっては一つの音楽の泉のなかの話で、車の両輪なのだろう。
「このとき、ここだけ」と「ひろく、あまねく」は、同時に存在する人間の欲求で、むしろその両方のベクトルがあってはじめて人間は十全なのではなかろうか。
ほんらい閉ざされている個体の境界を押し広げ、何かや誰かとつながってゆきたい欲求は、人間に内在する本能だろう。
それはおそらく「瞬間を永遠化したい」という、有限の存在たる人間の願望に基づく。
生起したとたんに消えてゆく「音」にその願いを賭けるのが音楽行為であり、本当に優れた音楽家は、即興演奏であろうと、再現芸術(演奏)であろうと、はたまた作曲行為であろうと、そのよう音に向かってゆく。
そうして、そのとき、その場に共に在り、どこかで何かがつながったと思えたその手触りを、どうにかして言葉に定着し語ってみようとすることも、この永遠化の願望の一つの形に他ならない。
つまり、人間は、足もとからかき消えてゆく時間に自分の重量をかけながら、永遠へと踏み切り続ける生き物なのだ。
「自分がなくなる」のは、重量を忘れ、永遠へと浮いたその感覚で、そこに「気持ちいい!」があるのだろう。
音楽とは、全くのところ、生きることそのもの、と改めて思ったことであった。(完)

#098A:
http://www.jazztokyo.com/interview/interview098a.html
#098B:
http://www.jazztokyo.com/interview/interview098b.html












1『Satoko Fujii New Yor Orchestra/干支〜ETO』(Libra 215-029)


2『KAZE/Rafale〜ラファール』(Circum-Libra 201)


3『Fujii Min-Yoh Ensemble/ウォーターシェッド』(Libra 204-028)

JAZZ TOKYO
WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.