Live Report #851

ブルーノート・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパン 2015
Blue Note JAZZ FESTIVAL in Japan 2015

2015.9.27 13:00-20:45 横浜・赤レンガ野外特設ステージ
Text by Hideo Kanno 神野秀雄
Photo:ⓒBlue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN

2011年夏に始まり、今年5年目となる本家ブルーノート・ジャズ・フェスティバルは、2015年も6月1日〜30日にニューヨークのブルーノート・ジャズ・クラブをはじめいくつかのクラブとホール、セントラルパーク野外ステージなどを結んで開催された。JVCジャズ・フェスティバルが終了して以降、ニューヨークで大規模なジャズ・フェスティバルが開催されていない状況下で、ニューヨーク最大のジャズ・フェスティバルと称している。これが日本での1日限りの野外フェスに形を変えて、2015年9月27日に横浜・赤レンガ倉庫特設ステージで、今年初めて開催されたのがブルーノート・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパン(BNJF)だ。
赤レンガ倉庫の奥、大桟橋を望み海上保安庁につながる公園に会場を設営し、向かって右側に巨大なメインの「バード・ステージ」を設営し、パット・メセニー、ロバート・グラスパー・トリオ、ジェフ・ベックが出演し、向かって左側の立見席後方にサブの「ディズ・ステージ」があり、他の3グループが演奏する。バードとディズが、チャーリー・パーカーとディジー・ガレスピーの愛称と気付いた人は少なかったかも知れない。この他、赤レンガ倉庫内3階のモーションブルー横浜でSOIL &“PIMP”SESSIONSとDJ須永の公演もあった。フェスティバルは12時開場、13時のディズ・ステージでのハイエイタス・カイヨーテから開始されたが、まずパット・メセニーと、エリック・ミヤシロ率いるブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラが共演するステージからご紹介させていただく。

パット・メセニー with ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ featuring スコット・コリー & ダン・ゴットリーブ
ジャズ・オーケストラ directed by エリック・ミヤシロ
Pat Metheny with Blue Note Tokyo All-Star Jazz Orchestra
featuring Scott Colley and Dan Gottlieb
Jazz Orchestra directed by Eric Miyashiro

Pat Metheny(g) Scott Colley(b) Danny Gottlieb(ds)
BLUE NOTE TOKYO ALL-STAR JAZZ ORCHESTRA
エリック・ミヤシロ(tp,flgh,cond,arr)
本田雅人 近藤和彦 小池修 吉田治 山本拓夫(sax,reeds)
西村浩二 奥村晶 佐久間勲 菅坡雅彦 二井田ひとみ(tp,flgh)
村田陽一 中川英二郎 佐野聡(tb) 山城純子(b-tb,tuba)
林 正樹(p) 藤井珠緒(perc) 伊丹雅博(g) 香取良彦(vib)
Eric Miyashiro (tp, flgh, cond, arr)
Masato Honda, Kazuhiko Kondo, Osamu Koike, Osamu Yoshida, Takuo Yamamoto (sax),
Koji Nishimura, Sho Okumura, Isao Sakuma, Masahiko Sugasaka, Hitomi Niida (tp, flgh)
Yoichi Murata, Eijiro Nakagawa, Satoshi Sano (tb), Junko Yamashiro (b-tb,tuba)
Masaki Hayashi (p), Tamao Fujii (perc), Masahiro Itami (g), Yoshihiko Katori (vib)

1. Have You Heard (Letter from Home, 1989)
2. James (Offramp, 1981)
3. Hommage (Hommage A Eberhard Weber, 2015)
4. Last Train Home (Still Life (Talking), 1987)
5. The First Circle (The First Circle, 1984)
6. Song for Bilbao (Travels, 1982)
EC. Are You Going with Me (Offramp, 1981)

ⓒ Hideo Kanno

バード・ステージにブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ(BNTJO)のメンバー、そして、スコット・コリーのベースと、ダン・ゴットリーブのドラムスが揃う。BNTJOに通常はいないパーカッション、ヴィブラフォン、サイドギターの存在が目を引く。そしてエリック・ミヤシロが「みなさん、パット・メスィーニーです。」と招き入れ、観客席から大きな拍手が起こり、そしてステージ上も特別な高揚感に包まれる。
1曲目は<Have You Heard>から。日本のブラスの最精鋭が集まるだけにブラス・アンサンブルの集中力と切れがさすがで、ブラスの響きに包まれるパットのギターソロも素晴らしい。続く『Offramp』からの<James>は人気の曲で、自分でも大好きながらビッグバンドで演奏されるとは意外で嬉しい驚きだった。これは最もエリックの独創的なアレンジが光る曲の一つとなり、オリジナル・テイクにはないカウンターメロディーをブラスが奏でテーマを引き立てる。
「36年間日本に来て演奏してきましたたが、日本のミュージシャンとコラボレーションをするのは今回が初めてです」とMCで敢えてコメントしたパット。『矢野顕子/Welcome Back』でのチャーリー・ヘイデンとピーター・アースキンとのすばらしいコラボレーションを思い出しながらも(<It’s for You>はパットも気に入って、パットの留守電になっていたとか)、確かそのライブはなかったし、1979年のECMスーパー・ギター・フェスティバルで来日して以来、パット・メセニーは「来日する」音楽であり続けた。パットは続ける、「エリックと日本の素晴らしいミュージシャンと共演できることをとても嬉しく思います」
ここで、パットは「エバーハルト・ウェーバーの音楽を知っている人はいますか?」と会場に問うが、パットも予想したようにほとんどいない。単に知名度がないのではなく、よい意味で若い客層が多い。パットはゲイリー・バートン・グループでの共演の『Watercolors』(ECM1097)をともに創るなど、エバーハルトと過ごした時間を語り、エバーハルトがヤン・ガルバレク・グループで長く活躍したことにも触れた。「でも、残念ながらエバーハルトは脳梗塞に倒れ、ベースを演奏できなくなりました」。2015年1月にエバーハルト・ウェーバーの75歳の誕生日にあたり、バーデン・ヴュルテンベルク州政府から 特別功労賞ジャズ賞が授賞されることになりお祝いのコンサートがシュツットガルトで開催されることになった。「エバーハルトへのオマージュを作曲することになったのですが、ここでエバーハルトの演奏のビデオからサンプリングして、そのベース演奏をビッグバンドで包み込むように作曲することにしました。それがこれから演奏する<Hommage>です。」終演後、MINIのブースで行われたエリックのトークによれば、今回のプロジェクトは<Hommage>を日本で演奏できないかという話が発端で、それとあわせてパットの名曲をエリックのビッグバンド・アレンジでという風に拡張され、その選曲はブルーノート東京のスタッフとエリックが行ったという。また<Hommage>は9月7日にデトロイト・ジャズ・フェスティバルで北米プレミアが行われた。今号の本誌Jazz Tokyoでレポートされているので参照されたい。

ステージ中央の高いところにほぼ正方形のスクリーンが当初から下げられており、エレクトリック・アップライト・ベースを弾くエバーハルトの姿が大きく映し出される。管楽器に吹き込まれる息の音から静かに始まり、ダン・ゴットリーブの繊細なシンバルワークの中で、エバーハルトの印象的なベース・パターンが繰り返され、優しさと郷愁を感じさせるブラスの響きがかぶさり、パットのギターが歌いだす。香取良彦のヴィブラフォン・ソロが光り、ゲイリー・バートンの代役をしっかりと務める。エバーハルトのベースラインに導かれるのか、ビッグバンドに導かれてエバーハルトのベースが変容するのか、虚実入り交じり、パットの巧みな作曲が特別な世界観をつくり、30分を超えるストーリーを紡いでいく。
ヤン・ガルバレク・グループの2つのライブ映像のあちこちから切り出したエバーハルトの別々のベースフレーズをつぎはぎしているだけに、その構造とテンポの変動は複雑を極める。エリックによると、「スコアは118ページ、1057小節あった」といい、イヤホンのクリックを頼りに指揮しなければならず、1拍でも見失うとたいへんなことに。他の曲のビッグバンド・アレンジと仕上げに追い込まれる中、エリックがこの大曲を指揮する大任を果たしたことは賞賛に値する。終演後に撮影されたパットのビデオメッセージでも、日本のミュージシャンが<Hommage>を“beautifully”に演奏したことに感謝を述べていた。私は2015年1月のシュツットガルトで、エバーハルトをステージ右に迎えながらSDRビッグバンドとともに演奏したプレミアを2日間に亘って聴き、それは特別な瞬間であったが、演奏の完成度では横浜が上を行き、作品の性質上、野外ステージの難しさはあっても、エバーハルトとパットの魂を結び、空と海に美しく響かせていた。エリックによれば、パットが<Hommage>を演奏するのはこれが最後になるという。シュツットガルトでの特別な状況でだけ成立すると思われた<Hommage>の日本での演奏を実現してくれたパットとエリック、関係者に心から感謝したい。

<Hommage>以外に、演奏されたパットの名曲は全6曲。エリックとブルーノート東京のスタッフで相談して決めたそうだが、結果的にすべて1980年代の曲となり、ECMからGeffenへの移行期に当たる。確かに最も共通して記憶される名曲の数々が選ばれた。パットももう何年も演奏していないが、懐かしい、と演奏を楽しんでいたようだ。なお、パット・メセニー・グループにダン・ゴットリーブが在籍したのは『Travels』(ECM1252-53, 1982)までで、『The First Circle』(ECM1278, 1984)からポール・ワーティコに変わっているので、うち3曲は初めて演奏したことになる。

ビッグバンドにアレンジされた譜面はいくつか市販されているものの、パットはすべてエリックのオリジナル・アレンジであることを求めた。原曲の構成と長さをそのまま生かそう、と伝えたエリックにパットは「いいえ、ビッグバンドも今回のコンサートのメイン・ボイスの一つ、エリックの感性で新しい物を創り上げてください」と告げる。「僕にとっての今回のアレンジの重要なポイントはどのようにパットの音楽に僕のカラーを邪魔しないように組み込むか、そして彼の曲の世界観に今回のコラボする日本を代表する音楽家たちの個性を当てはめるかが課題」だったと言い、いかに困難で創造的な作業であったかがわかる。そして、実際ビッグバンド・アレンジの中で、パットのオリジナルのメロディーとストーリーを生かしながら、エリック節、エリックのハーモニーが溶け合い聴こえてくるのは嬉しかった。

パット、ダン、スコットが参加してのスタジオでのリハーサルは、2日間、各9時間以上に及んだという。パットの曲は口ずさみたくなるように親しみ易いが、実際に譜面にして演奏するととても難しい。その難曲を日本の精鋭が緻密にゆったりと吹ききる。パットは妥協することなく、全体像とディテールに徹底してこだわり修正しながら形にしていくが、なぜそうするべきなのかを全体のストーリーとダイナミックスに照らして明確に親切に教えるという形だった。ときにはもっとよいアイデアがあれば、と意見も求められた。

エリックによると、パットが大事にしていることのひとつが「音が常に”動く”と言う事。強弱が音楽の起伏に対してしっかりと目的地が見えているかどうか、そして音楽が持つ物語の始まりと終わりにある息遣いの重要さ」だった。今回、演奏としての成果以上に、リハーサルの過程から日本のミュージシャンがパットから音楽への姿勢を学んだ点はあまりに大きいと思う。

<Last Train Home>は、2015年にテレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース』エジプト編エンディングテーマに選ばれ、往年のパット・ファン以外にも今年知られることになった一曲だ。
最も盛り上がったのは<The First Circle>だろうか。もともとライル・メイズのパートとなるピアノ・ソロを林正樹がクールに美しく奏でた。クライマックスに向けてのブラスの音量コントロールも細心の注意が払われていたようだ。<Song for Bilbao>では、中川英二郎(tb)、本田雅人(as)、近藤和彦(as)、村田陽一(tb)、小池修(ts)もソロをとり、パーカッションの藤井珠緒とドラムスのダンがソロをとった。「もう1曲聴きたい!?」とパット。そして<Are You Going with Me?>がアンコールとして演奏された。哀愁を込めたブラスの響きに包まれるパットのソロに酔いしれた。1970年代を想う<Hommage>と1980年代の名曲、あらためて過去を振り返ることなく再演は難しいように想うが、現代を見据えた新たな共演の機会があることを楽しみにしたい。

ハイエイタス・カイヨーテ Hiatus Kaiyote
ディズ・ステージ DIZ STAGE 13:00-
Nai Palm (vo) Simon Mavin (keyb) Paul Bender (b) Perrin Moss (ds)

1. CHOOSE YOUR WEAPON
2. BREATHING UNDERWTER
3. SHAOLIN MONK MOTHERFUNK
4. NAKAMARRA
5. LAPUTA
6. BOOM CHILD
7. MOLASSES
8. BY FIRE

2グループ目のパット・メセニーに遡ること最初の公演は13時より、オーストラリア・メルボルンからハイエイタス・カイヨーテ。ディズ・ステージ前にはぎっしり人が集まった(S席、A席の観客もこちらへ移動)。ヴォーカルとギターのネイ・パームに感銘を受けたベースのポール・ベンダーが仲間を集めて結成した。制作したアルバム『Tawk Tomahwawk』から<Nakamarra>が、が2014年グラミー賞最優秀R&Bパフォーマンス賞にノミネートされ一気に知名度を上げている。そして最新作『Chose Your Weapon』を引っ下げての登場。ジャズ、ネオソウル、ヒップホップからラテン、ロック、ワールドミュージックの影響が交じり合いながら、不思議なコード進行と響き、複雑なポリリズムと変拍子の中でオーガニックなヴォーカルが爽やかに伸び、ナチュラルなバンド・アンサンブルが心地よく響く。シンプルさと複雑さを行き来するサウンドが、海際の空間と、はじまったばかりの観客の期待の中で、いい空気を作りだしていた。

スナーキー・パピー Snarky Puppy
ディズ・ステージ Diz Stage 15:45〜
Michael League(b,leader) Mark Lettieri(g) Cory Henry(keyb) Shaun Martin(keyb) Justin Stanton(keyb,tp,vo) Mike Maher(tp) Chris Bullock(sax,fl) Marcelo Woloski(perc) Robert“Sput”Searight(ds)

1. SHOFUKAN
2. THING OF GOLD
3. WHAT ABOUT ME?
4. SLEEPER
5. LINGUS
6. QUARTER MASTER

パット・メセニーの次はスナーキー・パピー。2004年、ベースのマイケル・リーグを中心にテキサスで結成され、現在はニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動。ジャズ、ファンク、ダンス、フュージョンを融合した音楽「jafunkadansion」と名乗っている。北テキサス大学出身者を中心にした40人近いメンバーがいて、コアメンバーを中心にしながらもツアーなどに応じて編成を変えながら演奏している。年間200回以上のパフォーマンスを行い、クリニックなど音楽教育にも力を入れている。2013年5月に初来日、3回目の来日となる。レイラ・ハサウェイなどボーカリストたちをフィーチャーした『Family Dinner』がグラミー賞を受賞。今回は前作の『We Like It Here』の曲を中心に演奏された。尖った音を想像していると、肩すかしを喰らうぐらい、穏やかなブラスとギター、和やかなグルーヴに驚かされる。最後を盛り上げる<Quarter Master>でさえ、力強いビートを秘めながらも心地よいグルーヴで柔らかく会場を包んで、観客が思い思いに身体を揺らす。昼下がりの海際の会場にふさわしい空気を作っていた。と言っただけではゆるいバンドで終わってしまうが、各曲に緻密にデザインされたストーリーと構成、高度なドラミングとパーカッションなど、テンションを生み、奥が深く進化を続けている。名門インパルスレーベルと契約し、見方によっては、現在、最も売れているジャズとも言われている。今後、目が離せないバンドと言えそうだ。

ロバート・グラスパー・トリオ Robert Glasper Trio
バード・ステージ Bird Stage 17:45-
Robert Glasper(p) Vicente Archer(b) Damion Reid(ds)

1. SIGN ‘O’ THE TIMES (Prince)
2. TELL ME A BEDTIME STORY (Herbie Hancock)
3. THE WORST (Jhené Aiko)
4. LITTLE SUNFLOWER (Freddie Hubbard)
5. SILLY RABBIT

ロバート・グラスパーは1978年4月ヒューストン生まれ。ジャズとヒップホップとR&Bを音楽的にも人脈的にも有効に結びつけることに成功し、現在進行形ジャズを捉える上での最重要人物の一人と目される。ロバート・グラスパー・エクスペリメントにさまざまなミュージシャンをフィーチャーした『Black Radio』『Black Radio 2』が大きな成功を収め、2015年6月にはロバート・グラスパー・エクスペリメントとして来日したが、今回は、2014年12月にヴィンセンテ・アーチャーとダミアン・リードと録音した『Covered』のリリースを受けて、ピアノトリオでの来日となった。現在のブルーノート・レーベルの筆頭となるミュージシャンでもあり、BNJFの最も正統で目玉となる出演者と言えるだろう。
1曲目はプリンスの<Sign ‘O’ The Times>から。『Covered』に収められなかったが、トリオ・ライブの冒頭に好んで演奏される一曲だ。ダミアンのドラムスが細かく刻み続ける上で、ロバートがテーマのフレーズを繰り返し、ファンキーで自在なソロを展開していく。ヴィンセンテのベースラインもこのトリオの音を強く特徴付ける。そしてハービー・ハンコックの<Tell Me A Bedtime Story>と続く。意外にも『Covered』から演奏されたのはその最終曲、ロサンゼルス出身の日系クォーターでもあるシンガーソングライター、 ジェネイ・アイコのカヴァーで、<The Worst>の1曲のみだった。原曲に比べてシンプルに美しく歌い上げる。そう考えると『Covered』は完成形としてのアルバムではなく、あらゆる曲へカヴァーのアプローチをしていくコンセプトなのだろうか。
終盤にサプライズが用意されていた。ロバートがパット・メセニーをステージに招き入れる。観客は驚きと歓びに沸く。パットとジェフ・ベックの共演なんてギター少年らしい希望はあちこちから聞こえていたが、この組み合わせだったのか。曲は「ジャズのクラシックからフレディー・ハバードの<Little Sunflower>を演奏します」。ここまでのサウンドのコンセプトを引き継ぎ、パットとロバート、メンバーそれぞれが情熱を内に秘めた淡々としたやりとりで、美しいソロが繰り広げられる。そして『In My Element』から<Silly Rabit>で締め括られた。


SOIL & “PIMP” SESSIONS
モーション・ブルー・ヨコハマ MOTION BLUE YOKOHAMA
元晴(サックス) タブゾンビ(トランペット) 丈青(ピアノ、キーボード)
秋田ゴールドマン(ベース) みどりん(ドラムス) 社長(アジテーター)
Motoharu(sax) Tabu Zombie(tp) Josei(p,key) Akita Goldman(b) Midorin(ds) President aka Shacho(agitator)

1st JAZZ UNLIMITED set 15:30-
1. Jazz Crime
2. Fuller Love
3. Mo’Better Blues
4. Una Mas

2nd DEATH JAZZ set 18:15-
1. Summer Goddess
2. 閃く刃
3. 表nothin’ 裏girl
4. A Wheel Within A Wheel
5. Fantastic Planet
6. 殺戮のテーマ
7. Spartacus Love Theme

SOIL
&“PIMP”SESSIONSについては、ディズ・ステージ公演と重なり、演奏を聴けなかったので、セットリストと公演写真を紹介させていただく。

インコグニート Incognito
ディズ・ステージ Diz Stage 18:10-
Jean-Paul “Bluey” Maunick (g), Tony Momrelle (vo), Vanessa Haynes (vo), Katie Leone (vo),
Matt Cooper (keyb) Francis Hylton (b) Francesco Mendolia (ds) Joao Caetano (perc)
Francisco Sales (g) Sid Gauld (tp) Alistair White (tb) Jim Hunt (sax)

1. TALKIN’ LOUD
2. GOODBYE TO YESTERDAY
3. GOOD LOVE
4. ALWAYS THERE
5. AS
6. COLIBRI
7. PERCUSSION & DRUM SOLO
8. STEP ASIDE
9. HATS
10. EVERYDAY
11. BRAZILIAN LOVE AFFAIR

インコグニートは1981年にジャン・ポール“ブルーイ”モニックにより結成されたイギリスのバンド。アシッド・ジャズのムーブメントを牽引しながら進化を続け、「世界最強のジャズ・ファンク・ライブ・バンド」と呼ばれたりする。メイン・ヴォーカルが3人に3管のブラスを擁する編成。ライブで観るのは初めてだが、ポップなメロディーを歌い上げ、ジャズからソウル、R&B、ファンク、ラテンと様々なリズムを織り込み、日没直後のディズ・ステージの観客の心を掴み、盛り上げていく姿は圧巻であり、中秋の名月の下、観客の心と身体を激しく揺さぶる。観客とステージのコミュニケーションという意味では、この瞬間にフェスティバルのクライマックスがあったと感じた向きもあったに違いない。


ジェフ・ベック Jeff Beck
バード・ステージ Bird Stage 19:15-
Jeff Beck(g) Rhonda Smith(b) Jonathan Joseph(ds)
Nicolas Meier(g) Jimmy Hall(vo)

1. LOADED
2. EVEN ODDS
3. YOU KNOW YOU KNOW
4. MORNING DEW
5. A CHANGE IS GONNA COME
6. YEMIN
7. LONNIE ON THE MOVE
8. NINE
9. NADIA
10. LITTLE WING
11. CAUSE WE’VE ENDED AS LOVERS
12. SUPERSTITION
13. BIG BLOCK
14. CORPUS CHRISTI
15. DAY IN THE LIFE
16. ROLLIN’ AND TUMBLIN’
17. DANNY BOY
18. GOING DOWN

ジェフ・ベックは、1944年ロンドンの南ウォリントンの生まれ、1965年にエリック・クラプトン脱退後のヤードバーズに参加、ジミー・ペイジ(後にレッド・ツェッペリンを結成)とのツインギター時代を経て、1966年に脱退。フュージョンにつながる動きでは、ジョージ・マーティンをプロデューサーに迎え、1975年『Blow by Blow』と1976年『Wired』のインストルメンタル・アルバムを発表し、高い評価を得て、またこの頃スタンリー・クラークとの録音とツアーも行っている。
BNJFでは、2014年のアメリカ・ツアーを収録し、2015年9月にリリースされたライブ・アルバム『LIVE+』と同メンバーで来日した。プリンスも信頼を寄せる女性ベーシストのロンダ・スミス、スイス出身でイギリスの活躍するジャズギタリストのニコラス・メイヤー、イエロージャケッツやリチャード・ボナに起用されるゴスペル出身ドラマー、ジョナサン・ジョセフ、そしてヴォーカルにジミー・ホールという強力な布陣で臨んだ。今回はクリエイティブマンの企画・招聘でBNJFの他に、ZEPP TOKYO、ZEPP NAMBAでのライブも開催された。
トップ・ロックギタリストたちからも絶大な尊敬を受けるジェフのプレイを観ることができる貴重な機会。71歳を感じさせないギタープレイを見せ、その安定した演奏とテクニックには驚かされる。ただ、音楽ファンが誰でも知っている1曲みたいな共有体験を作りにくい厳しさがあったが、中秋の名月の下で歌い上げられた<Danny Boy>(アイルランド民謡の<Londonderry Air>)、それに続く<Going Down>が観客をひとつにしながらフェスティバルの幕を閉じた。

初めてのフェスティバルであれば試行錯誤は当たり前で、とにかく気持ちよい時間を過ごし、閉演できたということで大成功であったと考えたい。とはいえ、さまざまな課題が残る。
入場券がS席23,000円、A席15,800円、立見席9,800円というのも、最初の発表で驚かされた。パット・メセニーやスナーキー・パピーは公表されていたが、ロバート・グラスパー・トリオ、ジェフ・ベックは発売開始後に順次発表された。この金額を出すのであれば最初から全体像を知って決断したい。未知の野外会場なだけにトイレまでを含め、不安も多く、気持ちがまとまらないまま断念したファンも多かった。行ってみたら十分居心地もよく、立見席も十分余裕があって、ステージもよく見えたし、未就学児無料という意外なメリットもあって、「芝生席」的にジャズを楽しむひとつのよいオプションを提示できていた。
また、着席で見るバード・ステージと立見で見るディズ・ステージという構成も良い点もあったが、早い段階から発表されていたスナーキー・パピーとハイエイタス・カイヨーテなどを見込んでS席、A席を買った人には残念な点もあったと思う。
ジェフ・ベックの演奏が素晴らしかったとはいえ、それまでのプログラムからの不連続感は否めず、ジャズの歴史を刻んできた横浜での、港を望んでのライブであれば、よりジャズ寄りの結び方があったのではないか?ジェフの分で入場料が高くなった面はなかったか(ファンを動員しただけ財務的に貢献した可能性もあるが)?「東京JAZZ」に比べて、より現代ジャズ側のブッキングができていただけにその流れも生かしたかった。終演後、中秋の名月の下でフランク・シナトラの<Fly Me to the Moon>を流していたのが、よい時間をつくっていたので、その想いを強くした。
1年目にして横浜に着実に根を下ろしたブルーノート・ジャズ・フェスティバル、来年への進化を楽しみにしている。



【関連リンク】
ブルーノート・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパン 2015
http://bluenotejazzfestival.jp
Blue Note Jazz Festival 2015 (New York)
http://bluenotejazzfestival.com
Pat Metheny official website
http://www.patmetheny.com
Eric Miyashiro official website
http://www.ericmiyashiro.com/
Hiatus Kaiyote official website
http://hiatuskaiyote.com
Snarky Puppy official website
http://snarkypuppy.com
Robert Glasper official website
http://www.robertglasper.com
SOIL&"PIMP"SESSIONS official website
http://www.jvcmusic.co.jp/soilpimp/
Incognito official website
https://www.incognito.org.uk
Jeff Beck official website
http://www.jeffbeckofficial.com

【JT関連リンク】
エバーハルト・ウェーバー 75歳祝賀コンサート
バーデン・ヴュルテンベルク州 特別功労賞ジャズ賞 授賞式
http://www.jazztokyo.com/live_report/report782.html
『Hommage à Eberhard Weber with Pat Metheny, Jan Garbarek, Gary Burton, Scott Colley, Danny Gottlieb, Paul McCandless and the SWR Big Band』
http://www.jazztokyo.com/five/five1250.html
デトロイト・ジャズ・フェスティバル 2015
URL TBA
ジャカルタ・インターナショナル・ジャワ・ジャズ・フェスティバル 2015
ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ directed by エリック・ミヤシロ
http://www.jazztokyo.com/live_report/report809.html
ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ directed by エリック・ミヤシロ, スペシャルゲスト: リチャード・ボナ
http://www.jazztokyo.com/live_report/report771.html
モントルー・ジャズ・フェスティバル 2014 ジャパン・デイ ブルーノート東京・オール・スター・ジャズ・オーケストラ directed by エリック・ミヤシロ with スペシャルゲスト 小野リサ
http://www.jazztokyo.com/live_report/report728.html
特集 『今、ロバート・グラスパー』
http://www.jazztokyo.com/column/special_edition/glasper.html
ロバート・グラスパー・エクスペリメント×西本智実 シンフォニック・コンサート
http://www.jazztokyo.com/live_report/report832.html

神野秀雄 Hideo Kanno
福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの“共演”を果たしたらしい。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.