● 5/19 菅野邦彦の東京ライヴ

下田に居を構えるピアノの菅野邦彦の東京でのライヴ・ギグが5月に3回組まれている。19日は銀座の老舗和菓子店鹿乃子での食事付きライヴ、続く2回はレギュラー・ヴェニュー代官山レザールでのソロとコンボ。

5/19 菅野邦彦+佐野研二g DUO 銀座すずらん通り 鹿乃子
5/20 菅野邦彦ソロ 代官山レザール
5/29 菅野邦彦コンボ 代官山レザール
代官山レザール 渋谷区猿楽町2-5 03-3496-1374
料金は各6,000円(5/19は食事付き 03-3572-0013)


[05.15.2010] Page Top >


● 5/30 ピアソラの名盤がクリスタル・ディスクで

アストル・ピアソラがアメリカン・クラーヴェに遺した最晩年の名盤3枚がクリスタル・ディスクとしてEWEから完全受注生産で発売されている。アメリカン・クラーヴェ盤は10年間にわたってノンサッチにライセンスされていたが、許諾期間が満了し、ACの日本発売元EWEに発売権が移行したもの。クリスタル・ディスク盤は従来のポリカーボネイトに代えてガラスを起用、金メッキを施したもの。アストル・ピアソラの最高傑作と言われる『タンゴ・ゼロ・アワー』、『ラ・カモーラ』、『ザ・ラフダンサー・アンド・ザ・シクリカル・ナイト』がそれぞれ、税込\99,750、3枚入りボックスセットが税込\262,500。


[05.15.2010] Page Top >


● 8/7&8 サマーソニックにスティーヴィー・ワンダー出演

今年で11回目を迎えるロック・フェスティバル「サマーソニック」にスティーヴィー・ワンダーの出演が決定した。生誕60周年(いわゆる還暦)を迎える今年、スティーヴィーは各国のフェスに積極的に出演していくようだが、アジアでは「サマーソニック」が選ばれた。予定は、大阪会場(5/12現在未定)が8月7日(土)、東京会場(幕張メッセ、千葉マリンスタジアム)が8月8日(日)。
詳細は;http://www.summersonic.com/2010/lineup/


[05.15.2010] Page Top >

 


●5/20 佐藤允彦&SAIFA、ノースシージャズ祭でのライヴがCD化!

2009年のノースシージャズ祭に出演した佐藤允彦&SAIFA、その時の録音がBAJ Recordsから『ISOMAR』として5月20日にリリースされる。タイトルとなった作品名<Isomar>とは異性体のこと。作品における即興演奏の比重が高いラージ・アンサンブルだが、雅楽のヘテロフォニーなどから得たアイデアを取り込むなど、ヨーロッパのそれとは異なる発想が新鮮。5月30日(日)に開催されるヤマハ・ジャズ・フェスティバル・イン浜松 ‘10への出演が決定している。

CDは、ライヴ会場、ディスクユニオン、山野楽器銀座店、ジャズの専門店ミムラの他、佐藤允彦のWebsiteでも通販を行っている。
詳しくは:http://www.mmjp.or.jp/m_satoh/#anchor18246


[05.15.2010] Page Top >


● 8/01 FUJI ROCKに守屋純子出演

7月30日(金)から3日間にわたって開催される恒例のFUJI ROCKに今年は守屋純子がFUJI ROCKのためのスペシャル・ビッグバンドを組んで出演する。守屋は早稲田大学“ハイソサエティーオーケストラ”でジャズを始め、ニューヨークのマンハッタン音楽院大学院を卒業。 2005年に発表したアルバム『Points Of Departure』が、第18回ミュージック・ペンクラブ賞を受賞。同年9月にはジャズの登竜門「セロニアス・モンク・コンペティション」作曲部門で、東洋人としてまた女性として初めて優勝の栄誉に輝いた実績を持つ。最新作は、『Three and Four』 (Spice of Life)。なお、8月1日のFUJI ROCKには「MASSIVE ATTACK」、中日の31日には「ROXY MUSIC」が出演を予定している。


[05.15.2010] Page Top >

JAZZ TOKYO
WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.