カンザス・シティの人と音楽

Index

  1. カンザス・シティとアーマッド・アラディーン
  2. ミュチュアル・ミュージシャンズ・ファウンデーションとカンザスシティ・ジャズ
  3. カンザスより…トルネード、サンダーストーム レポート
  4. 久しぶりにカンザスシティを訪ねて...面白くなってきたカンザスシティ・ジャズシーン/特集 チャーリー・パーカー Vol.1
  5. 特集 チャーリー・パーカー Vol.2
  6. 特集 チャーリー・パーカー Vol.3
  7. デヴィッド・バッセの事
  8. ジャズとマスタードと歌姫たち
  9. クロウド"フィドラー"ウィリアムス生誕100周年
  10. Soul Brothers... 二人のトランぺット・プレイヤー・1
  11. Soul Brothers... 二人のトランぺット・プレイヤー・2
  12. カンザス・シティのLiving Legend
  13. カンザス・シティ・トリップ  2008年9月
  14. アメリカン・ジャズ・ミュージアム
  15. Time Keeper ブラム・ワインナンズ
  16. ソウルフード:カンザス・シティ・スタイル
  17. 元気が良いカンザス・シティの歌姫たち vol.2
  18. カンザス・シティ・スタイル バーベキュー
  19. One more soul brother スタン・ケスラー
  20. カンザス・シティトリップ 2009年5月
  21. カンザス・シティのジャズクラブ「ブルー・ルーム」
  22. 終戦記念日に思うこと
  23. 終戦の日に〜我が子と友人へ
  24. チャーリー・パーカー・バースデー・セレブレーション
  25. エデュケーター アーマド・アラディーン
  26. "12th Street Jump"とミュチュアル・ミュージシャンズ・ファウンデーション    
    ーカンザス・シティ・ジャズシーンの複雑な事情ー
  27. マイラ・テイラー&井上ひろし:カンザス・シティ・ジャズと日本昭和歌謡
  28. ボビー・ワトソン in Japan
  29. 最もカンザス・シティを気にかけている人 ー チャック・ヘディックス
  30. アーマド・アラディーンの遺品:チャーリー・パーカーが使ったアルトサックス
  31. カンザス・シティから世界に羽ばたいたピアニスト〜ハロルド・オニール
  32. カンザス・シティ・トリップ、 2012年6月 (前編)
  33. カンザス・シティ・トリップ 2012年6月(後編) カウフマン・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツとカンザス・シティ
  34. スウィッチ〜運命のいたずら( Switched at Birth)」 カンザス・シティが舞台のアメリカ・テレビドラマを通して考える
  35. (EXTRA).横森良造さんの想い出
  36. (EXTRA).「東洋と西洋のミックスした国マカオで出会った音楽」
  37. チャック・へディックス『バード;ザ・ライフ・アンド・ミュージック・オブ・チャーリー・パーカー』 Chuck Haddix『bird ; The Life and Music of Charlie Paker』
  38. 活気づいて来たカンザス・シティ・ジャズシーン
  39. カンザス・シティ:チャーリー・パーカー・セレブレーション
  40. カンザスシティ・ロイヤルズ 〜 私を野球に連れて行って! "Kansas City Royals 〜 Take Me Out To The Ball Game"
  41. カンザスシティ・ロイヤルズとカンザスシティ・シンフォニー・ディレクター、マイケル・スターン
  42. カンザス・シティに通い始めた頃〜どうしてカンザス・シティ?
  43. ハーモン・メハリがやって来た!
  44. チャーリー・パーカー・セレブレーション 2015
  45. カンザス・シティ・トリップ、2015年8〜9月
  46. チャック・へディックス氏との " オーニソロジー " : チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー
  47. チャック・へディックス氏との "オーニソロジー" : チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉

望月由美

竹村 洋子 Yoko Takemura
美術学校卒業後、マーケティングの仕事に携わる。1996年より、NY、シカゴ、デトロイト、カンザス・シティを中心にアメリカのローカル・ジャズミュージシャン達と交流を深め、現在に至る。主として ミュージシャン間のコーディネーション、プロモーションを行う。Kansas City Jazz Ambassador 会員。KAWADE夢ムック『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(2014)に寄稿。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW10.12 '15

追悼特集:菊地雅章 Masabumi Kikuchi (1939-2015)
アーカイヴ 杉田誠一

FIVE by FIVE
#1251『Old Time Musketry / Drifter』(NCM East)齊藤 聡
#1252『Mette Rasmussen and Chris Corsano / All the Ghosts at Once』(Relative Pitch Records)齊藤 聡
#1253『Yaron Herman/Everyday』(BLUE NOTE) 望月由美
#1254『David Cook / Scenic Desighn』(Brooklyn Jazz Underground Records) 常盤武彦
#1255『片倉真由子/The Echoes of Three』(55 Records) 悠 雅彦
#1256『Jon Irabagon/Behind the Sky』/『Jon Irabagon/Inaction is An Action』(Irabbagast Records)剛田 武
#1257『Jeff Denson Trio / Jeff Denson plus Lee Konitz』(Ridgeway Records) 伏谷佳代
#1258『住友郁治/Oratio 2 -recital2014-』(Bishop Records) 伏谷佳代
#1259『ハシャ・フォーラ/ハシャ・ス・マイルス』(Jazz Tokyo) 稲岡邦弥
#1260『十中八九』(アンモナイトレコード) 稲岡邦弥

COLUMN
Jazz Right Now - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ - ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley & 吉田野乃子 Nonoko Yoshida
#07 Contents

・連載第7回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報(シスコ・ブラッドリー)「ティム・バーン|ネイト・ウーリー|ベン・ガースティン|ショーン・アリ|ベン・ベネット」
・よしだののこのNY日誌 第5回(吉田野乃子)「白石民夫さん追っかけウィーク」

連載フォト・エッセイ
JAZZ meets 杉田誠一 Vol.95「纐纈雅代(こうけつ・まさよ)」
Reflection of Music Vol. 41 「ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ」横井一江
Reflection of Music Vol. 42「キム・ミール&アイヴィン・ロンニング」横井一江

カンザス・シティの人と音楽 #44「カンザス・シティ:チャーリー・パーカー・セレブレーション 2015」竹村洋子

オスロに学ぶ Vol.26「JAZZ ART せんがわ 2015」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 『ハシャ・フォーラ/ハシャ・ス・マイルス』 Jazz Tokyo (2015)

及川公生の聴きどころチェック
#246『ロバータ・ガンバリーニ・シングス・ザ・ジミー・ヒーズ・ソングブック/コネクティング・スピリッツ』(55 Records/ SPACE SHOWER MUSIC)
#247『オリエンタル・シャッフル/442・キャトル・サン・キャラント・ドゥ』 (カデンツァ/ティートックレコーズ)
#248『Mike Nock+Roger Manins/ TWO-OUT』(FWM Records)
#249『山下洋輔スペシャル・ビッグバンド/新世界より』(JamRice)
#250『伊藤君子/JAZZだべ? JAZZださ! 津軽弁ジャズ』(日本コロムビア)

CONCERT/LIVE REPORT
#846「第14回 東京ジャズ・フェスティバル 2015」神野秀雄
#847「パット・メセニー/デトロイト・ジャズ・フェスティバル 2015」鈴木貴浩
#848「ランドフェス仙川」安藤 誠
#849「アンリ・バルダ ピアノ・リサイタル」伏谷佳代
#850「カニサレス&新日本フィル+カニサレス・フラメンコ・カルテット」関根彰良
#851「ブルーノート・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパン 2015」神野秀雄
#852「ハシャ・フォーラ〜CDリリース記念Japan Tour 2015」稲岡邦弥

Classic JT
連載フォト・エッセイ JAZZ meets 杉田誠一
Vol.77 菊地雅章インタヴュー(1970)

Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.