●ECMの9月新譜

ECMの9月新譜は、ジャズ系、ニューシリーズ系各2点ずつ。
ジャズ系では、10月に来日が予定されている(別項参照)ニック・ベルチュ=ローニンの『Llyria』(ECM2178)とチャールズ・ロイド・カルテットの『Mirror』
(ECM2176)。
ニュー・シリーズ系はヤン・ガルバレク+ヒリヤード・アンサンブルの『Officium Novum』(ECM2125NS)とアルヴォ・ペルト『タブラ・ラーサ(デラックス・エディション)』(ECM1275)。

[09.03.2010] Page Top >


●『アルヴォ・ペルト作品集/カンティーク』発売へ

9月に75歳の誕生日を迎えるアルヴォ・ペルトの作品集「『アルヴォ・ペルト作品集/カンティーク』が発売される。2009年2月にベルリン放送局ザールで収録されたもので、クリスチャン・ヤルヴィ指揮ベルリン放送交響楽団RIAS室内合唱団による演奏。収録された作品は、「交響曲第3番」「スターバト・マーテル〜混声合唱と弦楽のための」「Cantique des degres〜詩篇第121番による,混声合唱と管弦楽のための」。日本では9月7日、ソニーミュージックからハイブリッド盤として発売されるが、試聴は;http://n.pr/9JY2R1

[09.03.2010] Page Top >


●9/06 デトロイト・ジャズ・フェスがオンエア

ジャズ専門局WBGO FMでは、9月6日2〜6時(米東部時間)の4時間にわたって、今年31回目を迎える「デトロイト・インターナショナル・ジャズ・フェスティバル」をオンエアする。番組は、「MidDay Jazz」。http://www.wbgo.org/

[09.03.2010] Page Top >


●『Jazz Inside NewYork Magazine』9月号配信開始

『ジャズ・インサイド・ニューヨーク・マガジン』9月号が配信されている。購読料は無料。今月のカヴァー・ストーリーはスタンリー・クラークb。特集は「ウイメン・イン・ジャズ」

[09.03.2010] Page Top >

 


●『ビル・フリゼール/夢見る佳人』発売へ

ビル・フリゼールの新作『夢見る佳人』が発売された。アイヴィン・カン(viola)とルディ・ロイストン(ds)とのユニークなトリオで、プロデューサーはリー・タウンゼント。自作曲の他に、フォスターの<夢見る佳人>、グッドマン<ベニーズ・ビューグル><ふたりでお茶を>などが収録されており、フリゼールの新しい側面を聴く事ができる。試聴サイトは;http://bit.ly/aGS5ae。11月3日から、このトリオで全米ツアーに入るが、8月31日から1週間、NYヴィレッジ・ヴァンガードでポール・モチアン・トリオ(ジョー・ロヴァーノts)で演奏した。

[09.03.2010] Page Top >


●「ゴールデン・パラミノス」活動再開

80年代から90年代にかけ、NYダウンタウン・シーンにセンセーションを巻き起こしたアントン・フィア(ds)のプロジェクト「ゴールデン・パラミノス」が23年振りに活動を再開した。鬼才ビル・ラズウェルと深く係わり、アルバム8枚をリリース、来日経験もある。メンバーは固定されておらず、フィアの他、ラズウェル、ニッキー・スコペリテスel-bのセミ・レギュラーの他に、カーラ・ブレイ、ジャック・ブルース、ジョン・ライドン、アート・リンゼイ、ジョン・ゾーンなどが去来した。今年5月に「ポアゾン・ルージュ」「ザ・リヴィング・ルーム」 で活動を再開、9月10日「シティ・ワイナリー」に出演する。

[09.03.2010] Page Top >


●「ザ・バッド・プラス」の新作発売

イーサン・アイヴァーソンp率いる「ザ・バッド・プラス」が結成10周年を迎え、9月15日、新作『Never Stop』をリリースする。リリース記念ギグは同日、ヴィレッジのバワリー・ボールルームで。なお、アイヴァーソンは、8月26日から4日間NY「イリジウム」で、リー・コニッツ(as/83歳)、ホルヘ・ロッシds、ラリー・グレナディアb (リード・アンダーソン/bとチェンジ)に出演した。

[09.03.2010] Page Top >

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.