コラムタガラタジオTOP

ここに、2011年度『益子博之=多田雅範四谷音盤茶会 Yotsuya Tea Party 』を通じて聴いてきたアルバムたちから選出した現代ジャズCDベストテン、およびミュージシャンオブジイヤーを発表いたします。

Musician of the year of 2011

Craig Taborn
Tyshawn Sorey
John Hollenbeck
Christopher Tordini
Kris Davis


Best 10 CD of 2011: 1. Farmers by Nature
Out of This World's Distortions (AUM Fidelity 067)
Craig Taborn - piano; William Parker - bass; Gerald Cleaver - drums.


Best 10 CD of 2011: 2. Tony Malaby's Novela
Novela: Arrangements by Kris Davis (Clean Feed CF 232)
Ralph Alessi - trumpet; Ben Gerstein - trombone; Dan Peck - tuba; Tony Malaby - soprano & tenor saxes; Michael Attias - alto sax; Joachim Badenhorst - bass clarinet; Andrew Hadro - baritone sax; Kris Davis - piano, conduct; John Hollenbeck - drums, percussion.


Best 10 CD of 2011: 3. Steve Coleman and Five Elements
The Mancy of Sound (Pi Recordings PI 38)
Jonathan Finlayson - trumpet; Tim Albright - trombone; Steve Coleman - alto sax; Thomas Morgan - bass; Tyshawn Sorey - drums; Marcus Gilmore - drums; Ramon Garcia Perez - percussion, vocals; Jen Shyu - vocals.


Best 10 CD of 2011: 4. Tyshawn Sorey
Oblique - I (Pi Recordings PI 40)
Loren Stillman - alto sax; John Escreet - piano, rhodes electric piano, wurlitzer electric piano; Todd Neufeld -electric & acoustic guitars; Chris Tordini - bass; Tyshawn Sorey - drums.


Best 10 CD of 2011: 5. Okkyung Lee
Noisy Love Songs [for George Dyer] (Tzadik Oracles TZ 7724)
Peter Evans - trumpet; Craig Taborn - piano; Cornelius Dufallo - violin; Okkyung Lee - cello; Christopher Tordini - bass; Satoshi Takeishi - percussion, electronics; Ikue Mori - electronics; John Hollenbeck - percussion.


Best 10 CD of 2011: 6. The Clarinets
Keep on Going Like This (Skirl Records SKIRL 013)
Chris Speed - clarinet; Oscar Noriega - clarinet, bass clarinet; Anthony Burr - bass clarinet.


Best 10 CD of 2011: 7. Bill McHenry
Ghosts of the Sun (Sunnyside Communications SSC 1422)
Bill McHenry - tenor sax; Ben Monder - electric guitar; Reid Anderson - bass; Paul Motian - drums.


Best 10 CD of 2011: 8. Jeremy Udden’s Plainville
If The Past Seems So Bright (Sunnyside Communications SSC 1277)
Jeremy Udden - alto & soprano saxes clarinet; Pete Rende - rhodes electric piano, pump organ, prophet synthesizer, wurlitzer electric piano; Brandon Seabrook - banjo, electric guitar, 12-string guitar; Eivind Opsvik - bass; R.J. Miller - drums; Nathan Blehar - nylon-string guitar, guitar, voice; Will Graefe - steel-string acoustic guitar; Justin Keller - voice.


Best 10 CD of 2011: 9. Theo Bleckmann
Hello Earth! - The Music of Kate Bush (Winter & Winter 910 183-2)
Theo Bleckmann - vocals, live electronic voice processing; Henry Hey - piano, prepared harpsichord, rhodes electric piano, toy piano, caxixi; Caleb Burhans - electric five string violin, electric guitar; Skuli Sverrisson - electric bass; John Hollenbeck - drums, percussion, crotales, glockenspiel.


Best 10 CD of 2011: 10. the HIATUS
A World of Pandemonium (Iron Gear Records FLCF-4406)
Takeshi Hosomi - vocals, electric & acoustic guitars; masasucks - electric & acoustic guitars; Koji Ueno - electric & acoustic basses; Takashi Kashikura - drums, percussion; Hirohisa Horie - keyboards; Jamie Blake - vocals.


不動の1位はクレイグ・テイボーン、ウイリアム・パーカー、ジェラルド・クリーヴァーのトリオの作品。テイボーンはECMでの衝撃的なソロ作『Avenging Angel』も、パーカーがリリースした3枚組ベース・ソロ作『Crumbling In the Shadows Is Fraulein Miller's Stale Cake』(Aum Fidelity)も、このリストには内在している。タイショウン・ソーレイが打ち出したグループ作品(4)にひけを取らないトニー・マラビーとクリス・デイヴィスによる異色意欲作(2)、生きていたとはお釈迦様でものスティーブ・コールマン(3)、これらはきちんとリスト上位を占めるべき鉄壁の3枚だ。

益子博之のブログ「うたかたの日々」
http://gekkasha.jugem.jp/?cid=43768

福島恵一のブログ「耳の枠はずし」
http://miminowakuhazushi.dtiblog.com/blog-entry-147.html
http://miminowakuhazushi.dtiblog.com/blog-entry-144.html

原田正夫(月光茶房)のブログ「Timbre and Tache」
http://timbre-and-tache.blogspot.com/2012/02/masukotada-yotsuya-tea-party-vol04.html

「益子博之多田雅範音盤茶会」は事後に福島さん原田さんのレビューによって立体的に検証・評価されて成り立っている。いったい多田は何をしているのか!と思わないこともないが、思う存分好き勝ってな感想を述べている中で耳が開発されたり触発されたり、現代ジャズの発火点に触れる悦びにふるえているばかり。

千歳空港から羽田空港に戻ってくる途中、CDジャーナル1月号のマーク・ラパポートのベスト5、ミュージック・マガジン2月号年間ベストの原田和則・松尾史朗選出のジャズベスト5をチェックしてみたら、なかなかいい具合に一致しているではないか。

それにしてもアルゼンチンの音楽サイト「El Intruso」(http://elintruso.com/2012/02/05/el-intruso-6th-annual-musicians-poll-2011/)のセレクトは音盤茶会で注目した盤ばかりが並んでいるではないか。ああ、ジェラルド・クリーヴァー・アンクル・ジューン、クラウディア・クインテットもじつに現代ジャズの最前線を切り拓いている手触りのある盤だったなあ。

四谷音盤茶会で益子博之セレクトを聴くことは、現代ジャズの最先端を聴くことと同義であることが世界レベルで証明されているようで、それが明らかになっているのに(これを書いている)今日になって気付いているのである。・・・そもそも当初からそれを企画していたのではないか?いやしかし、こんなに明白に世界に手が届いてしまっているのにおののいている。



Niseko-Rossy Pi-Pikoe:1961年、北海道の炭鉱の町に生まれる。東京学芸大学数学科卒。元ECMファンクラブ会長。音楽誌『Out There』の編集に携わる。音楽サイトmusicircusを堀内宏公と主宰。音楽日記Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review。

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.