●10/30〜 渡辺香津美 ギター・ルネッサンス2010

渡辺香津美gがアコースティックで迫るロマンチックでドラマチックなギター・ミュージックに満ちた一夜。奈良平城宮では平安時代の衣装に身を包んで優雅に迫る。
 10月30日(土)開場 18:30 開演19:00
三鷹市・三鷹市芸術文化センター 風のホール
11月02日(火)開場 17:30 開演18:00
東院庭園音絵巻 “渡辺香津美ギター・ルネッサンス in 平城京”
奈良市・平城宮跡内東院庭園

また、11月の「ギター生活40周年記念ライヴ」は7日ゲストに吉田美奈子(vo)を迎え長野県・小諸市で予定されている;
渡辺香津美/ギター生活40周年記念ライヴ
11月07日(日)開場 16:00 開演16:30
長野県小諸市・中棚荘はりこし亭
予約&問合せ:中棚荘 0267(22)1511

[10.29.2010] Page Top >


●11/03「jazz inn LOVELY」40周年記念コンサート

幾多の名演奏を生んだ名古屋の老舗ジャズ・クラブ「jazz inn LOVELY」が40周年を迎え記念のコンサートを行う。多くのビッグネームが駆けつけ40周年を祝う。
11月03日(水)開場14:00 開演14:30
山下洋輔(p)&渡辺香津美(g) duo 日野皓正(tp) Quartet
    渡辺貞夫(as) Quintet ゲスト from NY 大野俊三(tp) 他
名古屋・愛知県芸術劇場大ホール
問合せ:ジャズ・イン・ラブリー 052(951)6085 info@jazzinnlovely.com

[10.29.2010] Page Top >


● 11/15〜 MASARA CD発売記念ツアー第2弾

ギターの高木潤一、ヴァイオリンの太田恵資、タブラの吉見征樹からなるMASARA (マサラ) による第二弾アルバム『オーチ・チョルヌィエ(黒い瞳)』の発売を記念したツアーを9月から敢行中。

 11月15日(月) 柏『Studio WUU』
 11月23日(火・祝) 下北沢『Lady Jane』
 11月27日(土) 弘前『かだれ横町』
 11月28日(日) 盛岡『すぺいん倶楽部』
 11月29日(月) 秋田『THE CAT WALK』
11月30日(火) いわき『Bar QUEEN』

詳細は;http://masara.bigtory.jp/schedule.html

[10.29.2010] Page Top >

 


●12/10 フォープレイ・シンフォニック・スペシャル・ナイト

フュージョン/コンテンポラリー・ジャズ界の頂点に立つアーティストらによるユニット「フォープレイ」と新日本フィルとの一夜限りのコラボレーション(第一部は「フォープレイ」の単独ステージ)。結成20年を迎えた「フォープレイ」のチャック・ローブ(g)を加えた新生ユニットでの初ステージ。新日本フィルとの共演ではボブ・ジェームスの<ウェストチェスター・レディ>の世界プレミアも。
「フォープレイ」
ボブ・ジェームス(ピアノ/キーボード)
ネイザン・イースト(ベース)
ハーヴィ・メイソン(ドラムス)
チャック・ローブ(ギター)
竹本泰蔵指揮
新日本フィルハーモニー交響楽団
12月10日(金) 19:00開演
問合せ:トリフォニーホール・チケットセンター 03-5608-1212

[10.29.2010] Page Top >


●12/26〜 ロシア・ピアニズムの継承者たち 第1回

  ヴィヴィアナ・ソフロニツキー

ベートーヴェンの生まれかわりと評された、兄アントンと弟ニコライのルービンシュタイン兄弟を祖とするロシア文化圏のピアニズムは、19世紀後半、20世紀を例のない一大潮流の系譜とする、偉大な教師たちを生み出した。すみだトリフォニーホールが企画する、連綿と続くロシア・ピアノ楽派の中でも、もっとも際立った特徴を見せる演奏家の列伝。
<ロシア・ピアニズムの継承者たち>と題された約2年間で6回にわたるプレミアム・チクルスの第1回は、スクリャービンの孫で、 ウラディーミル・ソフロニツキーの愛娘ヴィヴィアナ・ソフロニツキー。ショパン在世当時のプレイエル・ピアノを復刻したフォルテピアノを空輸、オールショパン・プログラムを披露する。
12月26日(日) 午後3時開演
すみだトリフォニーホール
問合せ:トリフォニーホール・チケットセンター 03-5608-1212

[10.29.2010] Page Top >


●1/09〜 マッコイ・タイナー・ピアノ・ソロ

新年早々ジャズ・ピアノの巨匠マッコイ・タイナーが東京と横浜のジャズ・クラブをソロで横断する。
1.09(日)〜1.10.(月)
東京・丸の内 コットン・クラブ
1.12 (水)〜 1.16 (日)
東京・青山 ブルーノート東京
1.18(火)
横浜 モーション・ブルー横浜

[10.15.2010] Page Top >


●1/26〜 ビル・フリゼール・オールスター・トリオ

ジャズ・シーンの最先端を歩む鬼才ギタリスト、ビル・フリゼールがロン・カーターb、ジョーイ・バロンdsとのオールスター・トリオで丸の内コットン・クラブに出演する。ジャズ・ファンには待望のジャズで応えるのだろうか。
 1.26(水)〜1.30(日)
 ビル・フリゼール(g)
 ロン・カーター(b)
 ジョーイ・バロン(ds)
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/schedule/detail.php?id=596

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.