●11/22〜 ペーター・ブロッツマン・スーパー・トリオ!

ペーター・ブロッツマン、今回の来日は特別編成の2つトリオでのライヴ。ブロッツマンも再演を望んでいた佐藤允彦、森山威男とのトリオ、またジム・オルークに灰野敬二という一筋縄ではいかないギタリスト2名との共演。滅多にないセッションなので見逃せない!

11月22日(月)新宿ピットイン
ペーター・ブロッツマン(sax)、佐藤允彦(p)、森山威男(ds)
11月23日(火)新宿ピットイン
ペーター・ブロッツマン(sax)、灰野敬二(g)、ジム・オルーク(g)

詳細は:http://www.pit-inn.com
問合せ: idiolect@mac.com

[11.12.2010] Page Top >


● 11/23〜 三上クニ・オータム〜クリスマスツアー2010

NYで活躍するピアニスト三上クニのオータム〜クリスマス・ツアーが11月23日から12月26日わたって予定されている。後半は詳細が未定でさらに追加が予定されている。なお、11月30日に江東区総合区民ホールでは「0才からのジャズコンサート」が予定され、赤ちゃん連れのお母さんを対象にしているが赤ちゃんの鳴き声を気にしない一般客も入場可という。

<池田聡(b)、橋本学(d)=11/23〜30まで>
11月23日(火・祝)富山立山・立山国際ホテル 
14:00開演(13:30開場) 3500円(1ドリンク付)

11月24日(水)石川七尾・Cafe J. Road 
19:00開演(18:00開場) 一般3000円/18才以下1500円

11月25日(木)新潟・Jazz Flash 
19:30開演(19:00開場) 3500円(1ドリンク付)

11月26日(金)茨城牛久・ハモナカフェ 
19:00(18:00開場) 前売3000円/当日3500円

11月27日(土)神奈川茅ヶ崎・ハスキーズギャラリー(ゲスト・山形雄子(vo))
16:00(15:30開場)予約3000円/当日3500円

11月28日(日)栃木鹿沼・サウンドカフェなかじ
19:00開演(18:00開場) 前売3000円/当日3500円

11月29日(月)銀座・Swing City(ゲスト:マリア・エヴァ(vo))
18:00開場 1st 19:00/2nd 21:00(入替なし)
会員2100円/会員同伴3150円/一般4200円(飲食別)

11月30日(火)江東区総合区民センター・レクホール 「0才からのジャズコンサート」
【午前の部】11:30開演(11:00開場)/【午後の部】14:00開演(13:30開場) 
大人(中学生以上)2000円/子ども(4才以上)500円
*「ジャズボーカルワークショップ」15:30〜17:00 参加費3500円/見学1000円(定員7人)
江東区大島4-5-1 Tel 03-3637-2261(都営新宿線西大島駅A4出口すぐ)、JR亀戸駅徒歩15分
http://www.kcf.or.jp/sogo/index.html
【問】オフィスヨコタ Tel 090-4436-2262

<林正男(b)、福森康(d) 12/3〜5まで>
12月3日(金)奈良野迫川・ホテルのせ川 19:30開演(18:30 開場)
前売り3500円 小・中学生2000円/当日 4000円 小・中学生2500円 (いずれも1ドリンク付)

12月4日(土)愛知常滑・楽游館 16:30開演(16:00 開場)
前売大人3000円/当日3500円/小中学生1000円

12月5日(日)三重四日市・サラーム 
19:30開演(18:00 開場) 前売4000円/当日4500円

<池田聡(b)、福森康(d) 12/8〜15まで>
12月8日(水)、9日(木)山梨石和・石和名湯館糸柳(ゲスト・遠藤さや(vo))
18:00〜19:00ディナーバイキング&ドリンク、19:00〜20:00 1stステージ、
20:00〜デザート&コーヒーブレイク、20:30〜2ndステージ 
8000円(バイキング、ドリンク付、温泉も利用可)/宿泊プランもあり

12月10日(金)静岡藤枝・ローズティファニー(ゲスト・マリテス(vo))
19:30開演(18:30開場) 3,800円(コーヒー又は紅茶、ケーキ付)

12月11日(土)名古屋・東海東京証券(プライベートコンサート)

12月12日(日)岡山・岡田音楽サロンくらび舎 
14:00開演(13:00開場) 5000円

12月13日(月)長崎・水辺の公園レストラン 
昼 4500円/夜 5500円 (各95席限定)
【昼の部】12:00〜13:20軽食、13:30開演 
【夜の部】食事17:30〜18:50、19:00開演

12月14日(火)福岡朝倉・時季のくら
19:00開演(18:00開場) 5000円(ディナービュッフェ付)

12月15日(水)福岡筑紫野・古民家スタジオ風のくら
  19:00開演(18:00開場) 3500円(予定)

<池田聡(b)、長谷川明彦(d)12/17〜26まで>
12月17日(金)熊本あさぎり町・やったろ館(詳細未定)

12月18日(土)鹿児島指宿・薩摩伝承館内「維新の間」
18:00ディナー開始、20:00開演

12月19日(日)宮崎延岡(詳細未定)

12月20日(月)佐賀武雄温泉・東洋館 
19:30開演 2000円

12月21日(火)福岡県八女市・カフェJBL(詳細未定)

12月22日(水)島根江津・ぬしや 
20:00開演(19:30開場) 8,400円(1ドリンク、税込み)

12月23日(木・祝)鳥取・すし銀 
19:00開演(18:00開場) 3000円

12月25日(土)静岡浜松・芸術工房ユパンキ 
19:00開演(18:30開場) 4000円(1ドリンク付)

12月26日(日)長野伊那・そば処さくら
15:00開演(11:30開店) 5000円(おいしい新そば付)
総合問合せ:
Office Yokota
携帯090-4436-2262/we3trio@big.or.jp
http://www.kunimikami.com

[11.12.2010] Page Top >

 


● 11/26〜「シッツェル・アンドレセン&ホーコン・コルンスタ」日本ツアー

北欧からシッツェル・アンドレセンとホーコン・コルンスタが来日する。90年代、ECMに『So I Write』と『Exile』という2作を吹き込んだアンドレセンは、独自の世界を表現するシンガー/ヴォーカル・インプロヴァイザー、近年は実験的なライヴ・パフォーマンスも行っている。コルンスタはアトミックでも来日しているノルウェーの若手第一人者、自身のトリオやエレクトロニクスを取り入れたグループWibuteeを率いるなど活躍している。来日時のプログラムは、前半が二人それぞれのソロで後半がデュオの予定。北欧の音楽シーンの先端を行くパフォーマンスが期待できる。

11月26日(金) 京都・アバンギルド Tel: 075-212-1125
11月27日(土) 大阪・Nu Things Jajouka Tel: 06-6211-8711
11月28日(日) 神戸・旧グッゲンハイム邸 Tel: 078-220-3924
11月29日(月) 名古屋・KD Japon  Tel: 052-251-0324
12月01日(水) 東京・スーパーデラックス Tel: 03-5412-0515

関連ライヴ:
シッツェル・アンドレセン(vo)&八木美知依(箏)
12月2日(木) 東京・公園通りクラシックス Tel: 03-3464-2701

詳細は: www.myspace.com/tokyoconflux
問合せ: idiolect@mac.com

詳細は;http://masara.bigtory.jp/schedule.html

[11.12.2010] Page Top >


●11/27〜 高瀬アキ+多和田葉子「晩秋のカバレット」

「ジャズにおける最もベーシックなアンサンブルであり、リズム・セクションの原型でもあるピアノ・トリオ、その限りない可能性に改めて挑戦したい」とトリオでの演奏活動をベルリンだけではなく、昨年11月に日本でもベテラン井野信義(b)に若手の逸材、田中徳崇(ds)を迎えてT.I.T. TRIOを始動させた高瀬アキ。今秋の帰国ライヴでは一度だけのトリオでの演奏。今回は内橋和久を迎えて、オリジナル曲を中心に「誰にもまだ演奏されていないような音楽を」とのこと。

11月27日(土) 新宿ピットイン
T.I.T. Trio:高瀬アキ(p) 井野信義(b) 田中徳崇(ds)+内橋和久(g)
詳細:http://kazuey1113.web.officelive.com/tit10.aspx

また、晩秋の定例公演となった多和田葉子と高瀬アキのシアターΧでの言葉と音楽のパフォーマンスも9回目。今回のテーマは『まっかなおひるね』である。

12月1日(水) 東京 シアターΧ
第9回シアターΧ 晩秋のカバレット2010 『まっかなおひるね』
多和田葉子(朗読)+高瀬アキ(ピアノ)
http://www.theaterx.jp/index.php

[11.12.2010] Page Top >


●1/14〜 羽野昌二+古谷暢康ツアー2011

独自の音楽世界をさらに展開しつづけるドラマー羽野昌二がリスボンから新作『ヌル・シュトゥンデ』で話題のリード奏者古谷暢康を迎えてツアーを行う。羽野x古谷という初顔合わせに興味は尽きない。ハイティーンでヨーロッパに旅立った古谷の日本のジャズシーンへの本格的登場は初めて。なお、両者はツアーに先立ち、12月31日の大晦日、横浜・白楽のジャズ・バー『Bitches Brew』(杉田誠一氏経営)でデュオを試みる予定。当夜はその後オールナイトでセッションに発展する可能性があり、ハードコア・ジャズを聴きながらの年越しも一興かも知れない。

1月14日 (金) 千葉(稲毛)CANDY 043-246-7726
開場19:30 開演20:00
羽野昌二(dr) 古谷暢康(ts,fl,bcl) 

1月19日(水)新宿Pit Inn  03-3354-2024
開場19:30 開演20:00 チャージ¥3000<1ドリンク付>
羽野昌二(dr) 松井アミ(vo) 古谷暢康(ts,fl,bcl)他ゲストあり

1月20日(木)名古屋(鶴舞)KD Japon 052-251-0324
開場18:30 開演19:00 前予¥2500 当日¥2800
羽野昌二(dr) 松井アミ(vo) 古谷暢康(ts,fl,bcl)依田拓(e-vo,per)古田一晴(映像 予定:Dancer:杉町明子、鈴村ゆき

1月21日(金)京都(烏丸五条)Parker House Roll 075-352-8042
開演20:00 予約¥2400 当日¥3000
羽野昌二(dr) 松井アミ(vo) 古谷暢康(ts,fl,bcl)他ゲスト;庄子勝治(as)

1月22日(土)広島(呉)PLAN U 090-6433-3284
開場18:30 開演19:00 チャージ¥2500<1ドリンク付>
羽野昌二(dr) 古谷暢康(ts,fl,bcl)庄子勝治(as)他 ゲスト:花の丞

[11.12.2010] Page Top >


●2/1〜「カート・ローゼンウィンケル・トリオ」 ジャパン・ツアー2011

ビッグバンドとの共演作のリリースでファンをあっといわせた“ジャズ・ギターの皇帝”が2月にトリオで来日する。ベースはアルバム『リフレクションズ』 で共演のエリック・レヴィス。ドラムスのコリン・ストラナハンはデンバー育ち。NYやニューオルリンズで腕を磨いた。

2/1〜2(火、水)大阪・ミスター・ケリーズ
2/3  (木)名古屋・名古屋ブルーノート
2/4  (金)静岡・ライフタイム
2/5  (土)横浜・モーションブルー・ヨコハマ
2/6〜7(日、月)東京・新宿ピットイン

詳細は;
企画・制作:ソングエクス・ジャズ
http://www.songxjazz.com/news/index.html

[11.12.2010] Page Top >

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.