●7/10 INTAKTレーベル夏の新譜

インプロを中心に独自の視点でアルバム制作を続けるスイスのINTAKTレーベルから夏の新譜が2点リリースされた。
『Trio+Geri Allen/Celebrating Mary Lou Williams』(INTAKT187)
オリヴァー・レイク(as) レジー・ワークマン(b) アンドリュー・シリル(ds) ジェリ・アレン(p)
『Ingrid Laubrock Sleepthief/The Madness of Crowds』(INTAKT189)
イングリード・ラウブロック(sax) リアム・ノーブル(p) トム・レイニー(ds)
詳細は;http://www.intaktrec.ch/


[7.24.2011] Page Top >


●7/13 『Downbeat』7月号刊行

米国の月刊ジャズ専門誌『Downbeat』が刊行された。カバー・ストーリーは 59回ダウンビート国際批評家投票で3冠(年間最優秀アーチスト、年間最優秀アルバム、年間最優秀ピアニスト)を達成したピアニストのジェイソン・モラーン。
インタヴューのアーカイヴは、1956年にナット・ヘントフが行ったレスター・ヤングへのインタヴュー。


[7.24.2011] Page Top >


●7/15 NO BUSINESSレーベルの新譜

リトアニア唯一のジャズ・レーベルNO BUSINESSの直近の新譜は以下の通り。同レーベルはLP、CD共に基本的に限定数の製造・発売を堅持している。なお、同レーベルでは在米の須藤伸義(p,key)、古谷暢康(reeds)など邦人ミュージシャンの新作発売も予定している。

『Billy Bang’s Survival Ensemble/Black Man’s Blues+New York Collage』(NBCD30-31:2CDset/500セット限定)
『Tarfala Trio/Syzygy』(NBLP35/36:2LPset/600セット限定)
マッツ・グスタフソン(sax) バリー・ガイ(b) レイモンド・ストリッド(ds)
『RED Trio+John Butcher/EMPIRE』(NBLP370:LP/400枚限定)
ロドリゴ・ピネイロ(p) エルナーニ・ファウスティーノ(b)
ガブリエル・フェランディーニ(ds,perc)+ジョン・ブッチャー(sax)
詳細は;http://nobusinessrecords.com/


[7.24.2011] Page Top >

 


●7/22 ECMからグルジエフの新譜

かつてキース・ジャレットにも影響を与えた神秘思想家G.I.グルジエフの新作『Music of Georges I. Gurdjieff』(ECM2236)がリリースされた。ECM4作目のグルジエフで演奏はアメリカの「ザ・グルジエフ・フォーク・インストゥルメンツ・エンサンブル」。

試聴は;
ECMPlayer "Gurdjieff"(ECM 2236)
(http://player.ecmrecords.com/gurdjieff)
新作発売を機にECMではキース・ジャレットの『Sacred Hymns』を含む旧譜3作を特別価格(14.90e)で頒布している;
http://www.ecmrecords.com/News/Special_Offers/Special_101_Gurdjieff.php


[7.24.2011] Page Top >


●8/31 「59回ダウンビート国際批評家投票」結果発表

59回目を迎えた米『ダウンビート』誌の国際批評家投票ウィナーが発表された。別掲の通り、ピアニストのジェイソン・モラーンが、「アーチスト」「アルバム」「ピアニスト」の3部門で年間最優秀賞に輝いた。「名声の殿堂」はアビー・リンカーン、「Jazz Group」はジョー・ロヴァーノのUS FIVE ,「sopranosax」にジャズ・マスターに使命されたデイヴ・リーブマン、「Acoustic Bass」にデイヴ・ホランドが選出。「altosax」でのルドレシュ・マハンサッパの選出が注目される。マハンサッパは1971年イタリア・トリエステの生まれだが、コロラド州ボルドーで育つ。1992年バークリー音楽院卒。

詳細は;http://www.downbeat.com/default.asp?sect=stories&subsect=story_detail&sid=911

[7.24.2011] Page Top >

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.