●9/23〜 クニ三上 新作発売と発売記念ツアー

NYを拠点に活動を展開しているクニ三上(p)が師ライオネル・ハンプトンに捧げた新作『クニ三上/ハンプス・ブギ』(9245 Records)をリリース(Five by Five参照)、9月23日から西日本を中心に31ヶ所を巡るツアーに出ている。三上は新たに 9245 Recordsを設立、心機一転、「三上クニ」から「クニ三上」に改称した。

ツアーの詳細は;http://www.kunimikami.com

[9.25.2011] Page Top >


●9/26〜ジャンニ・ジェッビア来日中

イタリア・バレルモ在住のリード奏者、ジャンニ・ジェッビア(Gianni Gebbia/新作をFive by Five #806で紹介)が来日中である。関西でのいくつかのギグを終え(9月25日現在)、10月は東京を中心にライヴが相次ぐ。多彩な共演者の他、10月13日のSuper Deluxでは、浅草を舞台にした自作のロード・ムービー『浅草のブレヒト』も上映される。

9/26(月) 大阪・天満Bamboo Club
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/関谷友加里(p)/橋本達哉(dr)

10/4(火)千葉・柏Nardis
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/石田衛(p)/マサ・オグラ(dr)
http://www.web.me.com/knardis

10/5 (水)横浜・エアジン
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/ヒグチケイコ(voice)/パール・アレキサンダー(contrabass)
http://www.yokohama-airegin.com/

10/6(木) 東京・会場未定
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/今西玲子(箏)

10/7(金)稲毛・Candy
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/石田衛(p)/マサ・オグラ(dr)
http://jazz_candy-lj-hp.web.infoseek.co.jp/

10/8(土) 吉祥寺・Sound Cafe Dzumi
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/河野円(tape recorder)/パール・アレキサンダー
http://www.dzumi.jp/

10/9(日)祖師谷大蔵・Cafe Muriwui
ジャンニ・ジェッビア (reeds)/Mori-shige(cello)/ユ―グ・ヴァンサン(Cello)
www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui

10/10(月) 渋谷Bar Ishee
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/坂口光央(key)
http://www.bloc.jp/barisshee/

10/12(水) 江古田Buddy
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/河合拓始(p)
http://www.buddy-tokyo.com/

10/13(木)六本木SuperDelux
ロード・ムービー上映【Asakusa no Brecht】『浅草のブレヒト』
監督/ディレクション:ジャンニ・ジェッビア
出演:あやちクローデル/バーバラ村田/Safi他
www.super-deluxe.com

10/14(金)吉祥寺Foxholeal
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/高岡大祐(tuba)
http://foxhole.exblog.jp/

10/15(土)横浜・視聴室
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/マルコス・フェルナンデス(per)
http://cafe.taf.co.jp/live/

10/16(日)下北沢 Lady Jane
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/高岡大祐/カール・ストーン(LapTop)
http://bigtory.jp/live/live1110.html

10/17(月)八丁堀・七針
ジャンニ・ジェッビア(reeds)/サム・ベネット(perc)/高岡大祐/深水郁(p)
http://www.ftftftf.com/

10/18(火)岡山・城下公会堂
http://www.saudade-ent.com/kokaido/

【詳細】
http://www.myspace.com/giannigebbia
https://sites.google.com/site/giannigebbia/
http://www.reverbnation.com/#/giannigebbiaGianni Gebbia


[9.25.2011] Page Top >


●10/03〜ミッシェル・ドネダ、ル・カン・ニン、齋藤徹・日本ツアー2011

10月に齋藤徹がミシェル・ドネダとル・カン・ニンを招聘し、日本ツアーを行う。ミシェル・ドネダ(サックス)は5回目の来日、ル・カン・ニン(1961年パリ生まれのパーカッショニスト)は初来日である。屈指のインプロヴァイザーの3人が各地でゲストを迎えてライヴを行う。

10月3日(月)埼玉県上尾市BarBer Fuji
首都圏唯一のトリオ単独ライブ!
http://members.jcom.home.ne.jp/barberfuji/

10月5日(水)千葉市jazz spot CANDY
with 高岡大祐(チューバ)
http://jazz_candy-lj-hp.web.infoseek.co.jp/

10月6日(木)横濱エアジン「横濱インプロ音楽祭2011<秋>」
with 石田幹雄(ピアノ)
http://yokohama-airegin.com/

10月7日(金)キッド・アイラック・アート・ホール
with 喜多直毅(violin )
http://www.kidailack.co.jp/

10月8日(土)埼玉県深谷市 ホール・エッグファーム
「Une Chance Pour L'ombre(影の時)再び!」
影の時:ミッシェル・ドネダ、ル・カン・ニン、齋藤徹、沢井一恵、今井和雄
http://hall-eggfarm.com/index.html

10月9日(日)東京 大田区 いずるば
「いずるば」セッション ダンス!ダンス!ダンス!
with 東野祥子(ダンス)矢萩竜太郎(ダンス)柿崎麻莉子(ダンス)

10月10日(月・祝)東京 スーパーデラックス
with 黒沢美香(ダンス)小林裕児(ライブペインティング)成河(パフォーマンス)
http://www.super-deluxe.com

10月12日(水)名古屋市 5/R Hall&Gallery
開館1周年記念公演 久田舜一郎と仲間達 ー伝統と現代ー
feat.久田舜一郎(小鼓)
http://www.five-r.jp/

10月14日(金)愛知県西尾市 歴史公園「旧近衛亭」
薪Jazz能 
能とは本来死者のための鎮魂歌−とどけ!東北の空まで−
with 久田舜一郎(小鼓)
http://www.nishio-arts.net/

10月15日(土)広島市東区民文化センター
トリオによる公演
http://www.cf.city.hiroshima.jp/higashi-cs/

10月16日(日)佐賀市エスプラッツホール
九州初!即興演奏+小林裕児のライブペインティング
with 小林裕児(ライブペインティング)
http://s-platz.jp/
同時開催:10/14(金)〜10/30(日)「小林裕児ドローイング展」
@画廊憩ひ http://www.yasurai.jp/

10月18日(火)京都市 同志社大学寒梅館クローバーホール
即興セッション at クローバーシアター:4人の仏人ミュージシャンと2人の徹
with 岩下徹、イサベル・デュトア、ベルトラン・ゴゲ
http://www.doshisha.ac.jp/students/support2/kaprog/clover/

10月19日(水)神戸酒心館ホール
2011.舞打楽暦第七番 音楽とダンスの交響対話
with まんだらユニット/久田舜一郎(能小鼓)、角正之(ダンス)+ゲストダンサー/辛恩珠(ダンス)
http://www.shushinkan.co.jp/hall/

10月21日(金)東京 東中野 Space&Cafe ポレポレ坐
"ツアー大千秋楽!ポレポレ大団円 こいつぁめでたい:徹の部屋vol.16"
with 工藤丈輝(ダンス)上村なおか(ダンス)他
http://za.polepoletimes.jp/

ツアー詳細は:http://travessia.petit.cc(Diary等、随時更新される予定
) 総合問合せ先:TRAVESSIA(トラベシア) travessia1027@gmail.com


[9.25.2011] Page Top >

 


●10/27〜 常盤武彦「Photo & Talk セッション」ツアー2011

NYを拠点にフォト・ジャーナリストして活躍する常盤武彦が写真とトークのセッションを行う。「鳥取ジャズ」では、K.Abeとして内外のジャズ・ミュージシャンと親交を結んだジャズ・カメラマンの故・阿部克二の写真展を同時開催、最終日はアップルストア銀座で開催の予定。今回のセッションでは、東日本大震災直後に日本救済のために立ち上がったNYのジャズ・ミュージシャン達のベネフィット・コンサートの模様などが盛り込まれているという。

10/27 熊本
10/29 鳥取ジャズ(http://tottorijazz.jp/
11/03 名古屋
11/04 神戸
11/06 東京(アップルストア銀座)
詳細は;www.tokiwaphoto.com
問)清水 聡 tel.080.2612-3104/shoboken.info@gmail.com


[9.25.2011] Page Top >


●10/08 トゥーツ・シールマンス スペシャル・ナイト

ハーモニカのトゥーツ・シールマンス(1922年4月、ベルギー・ブリュッセルの生まれ)が久しぶりに来日、すみだトリフォニー・ホールと東京ブルーノートで公演を行う。今年89才になるトッーツは、ベニー・グッドマンやチャーリー・パーカー、ビル・エヴァンスなど伝説的なジャズ.ミュージシャンとの共演歴を誇り、初期のギター+ハーモニカというスタイルがジョン・レノンに引き継がれたことでも知られる。1962年に書いた<ブルーゼット>は代表曲のひとつで大ヒットした。

トゥーツ・シールマンス(harmonica)
カレル・ボエリー(p,key)
ハイン・ヴァン・デ・ハイン(b)
ハンス・ヴァン・オーステルホウト(ds)

10/08(土)すみだトリフォニーホール
10/11(火)〜13(木)東京ブルーノート


[9.25.2011] Page Top >


●11/09 坂田明&ちかもらち〜ちかもらち 空を飛ぶ!〜東京ーモスクワーヨーロッパー東京〜

東京〜モスクワ〜ヨーロッパと遍歴してきた坂田明&ちかもらちが、最終地東京でゲストを迎えての凱旋公演。コルサノは米東北部出身のドラマー、ジム・オルークらとの共演を経て、ビヨークのメンバーとして活躍。グレイはアングラ系のアコベ/エレベ奏者としてオルークらと活動。

11/9 (水) 渋谷WWW (03-5458-7685)
開場 18:00 開演 19:00 前売3,700yen 当日4,200yen (+1drink)
坂田明&ちかもらち (坂田明 ダーリン・グレイ クリス・コルサーノ)
ゲスト:山下洋輔 ジム・オルーク 八木美知依
詳細は;http://www.contrarede.com

[9.25.2011] Page Top >


●2012/1/13 渋谷毅が「座・高円寺」で新春コンサートを開催

これまで「渋谷毅オーケストラ」、「エッセンシャル・エリントン」、「月の鳥」など数多くのグループを編成してユニークな音楽を創造してきた渋谷毅が来春、杉並区の「座・高円寺」一階のホールでジャズ・ピアノのコンサートを開く。
エリントンからモンクまで原曲の持つメロディーの魅力を、ひとつの音に込められた表現の深さや温もりをもって瑞々しく蘇らせる。
一部は「ソロ・ピアノ」、二部では俊英ギタリスト市野元彦との「デュオ」で二人のロマンティックな対話により色彩豊かなジャズの魅力を伝える。

2012年1月13日
@座・高円寺(03-32123-7500 http://za-koenji.jp/
渋谷毅(p) 市野元彦(g)
4,000円(全席指定、税込)
チケット発売日:2011年11月4日




[9.25.2011] Page Top >

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.