●12/08 『The Walker’s』Vol.31 刊行

“ジャズの魂を揺さぶるマガジン”『The Walker’s』31号が刊行。19号より1部270円の有償となっているが、充分値する内容。編集者がベーシストOBだけに、とくにベースについての情報が豊富。カヴァー・ストーリーは知る人ぞ知るポーランド出身の美人ベーシストMegitzaことMałgorzata Babiarz。1984年生まれの妙齢、2001年にシカゴに出奔。メジッツァ・カルテットを組んで活躍中。日本人ベーシストは、早大在学中にシックス・ジョーズを結成、後にナベプロ(渡辺プロダクション)を創立する渡辺晋。
詳細は;http://www.t-walkers.com/


[12.30.2012] Page Top >


●12/20 『Jazz Japan』Vol.29 刊行

カヴァー・ストーリーは、ルパン3世「峰不二子という女 菊地成孔」。特集は、「和服姿となった麗人 山中千尋」「1976年のブルーノート」「Jazz Week Tokyo 2013」他。


[12.30.2012] Page Top >


●12/25 野瀬栄進+武石聡の新作『The Gate 2012~Live in Shibuya 』発売

野瀬栄進+武石聡デュオの新作『The Gate, 2012』がリリースされた。2010年、NYのベヒシュタインでライヴ収録された『野瀬栄進+武石聡/The Gate〜Live at Bechstein, New York』(http://www.jazztokyo.com/five/five761.html)に続く第2作。本作は、昨年10月の帰国ツアー最終日に渋谷・松濤のタカギクラヴィア・サロンで収録されたもの。
なお、1月18日、発売記念ライブとして「野瀬栄進新春ソロコンサート」をタカギクラヴイア・サロンで行う。


[12.30.2012] Page Top >

 


●1/08〜 写真展「中平穂積とDIGとDUG」

新宿のジャズ喫茶「DIG」と「DUG」でお馴染みの中平穂積氏の写真展が開催中。新年は、1月7日から。同氏の写真展は2009年以来2回目。未発表プリントも交えての展示という。
会場は、神楽坂のギャラリー artdish(アーディッシュ)
03-3269-7289
http://blog.artdish.co.jp/g/
1月13日は佐藤秀樹氏とのレコード・コンサート、27日は「坂田明トリオ」のライヴも予定されている。(Photo:Syn Uchiyama)


[12.30.2012] Page Top >


●1/12〜 渡辺香津美のデュオ、トリオ、トリ

年末の夕刊フジで1ページを使って“永遠のギター小僧”と紹介されたベテラン・ギタリスト渡辺香津美がデュオとトリオ、トリオでライヴを予定。
デュオは1月12日、ベースの井上陽介と埼玉県県民活動総合センター小ホールで。
トリオ#1は、90年代前後の関テレ系人気番組『夢の乱入者』ホスト・バンドの関東初見参「渡辺香津美スペシャル/夢の乱入者トリオ」(清水興b、東原力哉ds)@目黒ブルース・アレイ(1/21)。
トリオ#2は、初顔合わせ、中村健吾(b)、大槻カルタ英宣(ds)による1/31「渡辺香津美トリオ Special Live」@六本木サテンドール。

[12.30.2012] Page Top >


●1/18 4人の歌姫が競艶〜<ジャズ・ミーティング Vol.1〜ヴォーカリスト・ナイト>

それぞれが個性的な4人のジャズ・シンガーが一堂に会し競演する特別企画<ジャズ・ミーティング Vol.1〜ヴォーカリスト・ナイト>が、1月18日、東京・六本木のSTB139で予定されている。出演は、安冨祖貴子、チャリート、平賀マリ、meg(ABC順)。ヴォーカリスト・ナイトでスタートしたこの企画、テーマを変えシリーズ化される予定という。
詳細は;http://stb139.co.jp/site/calender/cal2/3370.html。共演は、近藤和彦(sax)、菊池太光(p)、中村健吾(b)、ジーン・ジャクソン(ds)。(写真提供:BounDEE by SSNW)


[12.30.2012] Page Top >


●2/22〜23 ノルウェーからハンネ・ヴァットネイ・トリオ

“ネジリやヒネリ満載の不思議ワールド”を展開するノルウェーのシンガー・ソングライター、ハンネ・ヴァットネイ(vo,p)が来日、東京と横浜で公演を予定。今回は、ヴィオラ(クリスティーネ・ヴィルヘルムセン voも)とチェロ(アウドゥン・バルグ・セルフィヨール percも)を同行、トリオ編成となる。(写真提供:ノルウェー大使館)

2/22(金)横浜公演
会場:nitehi works  横浜市中区若葉町
開場:18:30 開演 19:00
前売:3000円 当:3500円(ドリンク別)

2/23(土)「ノーザンライツ・フェスティバル」参加特別公演
  会場:「晴れたら空に豆まいて」東京 代官山 
開場:12.00 開演:12.30
前売:3000円 当日:3500円(ドリンク別) 
詳細は;http://invs.exblog.jp/19318931/


[12.30.2012] Page Top >

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.