●1/19 池田大作鼎談集『ジャズと仏法、そして人生を語る』刊行

池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長とハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターによる鼎談集『ジャズと仏法、そして人生を語る』が毎日出版社から刊行された。これは、2010年9月から翌年12月まで聖教新聞に連載された鼎談「魂の人間讃歌—ジャズと人生と仏法を語る」をもとに、加筆、再編集したもの。ハンコックとショーターの池田会長との交流は40年以上に及び、両氏はともにSGI芸術部長として文化活動をリードする立場にある。池田会長は、「(時代は)時々刻々と待ったなしで、まさに『即興演奏』で応えなければならない」とジャズ流の処世を語っているという。


[2.24.2013Page Top >


●1/23 富田 勳『イーハトーヴ交響曲』リーリース

今年、傘寿(さんじゅ・80才)を迎える富田 勳が、少年時代から思いを育んできた宮沢賢治の世界を交響曲にまとめた作品がリリースされた。宮沢賢治が描いた理想郷イーハトーヴを総勢300人に及ぶ大オーケストラと合唱団が富田のカンバスを通して描き出す。聴きどころのひとつは、オケとヴァーチャル・シンガー初音ミクとの共演。昨年11月23日オペラシティで行われた初演(大友直人指揮 日本フィルハーモニー 慶大ワグネルソサエティ、聖心女子大グリークラブ他)を完全収録。日本コロムビア COGQ-62 SACD Hybrid ¥2,940。


[2.24.2013Page Top >


●2/20 Cloudがタンゴ・プロジェクト『タンゴファイド』

企画性に富んだ聴きごたえのあるアルバムを着実にリリースしているインディ・レーベルのCloudからコンテンポラリー・タンゴの『タンゴファイド』がリリースされる。注目すべきは、デンマークのベーシスト、トーベン・ヴェスタゴーとアルゼンチンのピアニスト、ディエゴ・スキッシのコラボレーション。共に米国に滞在し、NYやマイアミで有力ジャズ・ミュージシャンと腕を競った経歴を持つこと。結果としては、トーベンの作品をトーベンが参加したスキッシのタンゴ・バンドが演奏することになった。『タンゴファイド』Cloud DDCJ-4009。


[2.24.2013Page Top >


●2/23 Jazz Japan Award 2012 発表授賞式とLIVE!

2月23日、14:30より横浜・日産グローバル本社ギャラリーでJazz Japan Award 2012の発表授賞式とLIVE!が行われる。LIVE!に出演するのは、ボブ・ジェームス、J.A.M、狭間美帆m_unit、横濱ジャズ・プロムナード・オールスターズ。入場無料。問)03-5512-3381 Jazz Japan


[2.24.2013Page Top >


●2/26 宇崎竜童を迎え早坂紗知バースデー・コンサート

サックス奏者早坂紗知が2月26日(火)江古田Buddyで宇崎竜童をゲストに迎え27回目のバースデー・コンサートを開く。出演は、山下洋輔(p)、永田利樹(b)、本田珠也(ds)、大儀見 元(perc)、Rio(bs)。同じ誕生日の山下洋輔とは5回目から、宇崎とは故・原田芳雄のコンサートで共演して以来の付合いという。
問)www.buddy-tokyo.com/ 03−3953−1152

[2.24.2013Page Top >

 


●3/02 渡辺香津美「ジャズ回帰プロジャエクト」in 横浜

ジャズ、フュージョン、クラシック、舞台/映画など多方面で活躍するギターの渡辺香津美が、2008年に立ち上げた"ジャズの原点"に帰るプロジェクト。井上陽介(b)と大槻"KALTA"英宣(ds)によるトリオ編成で、3月2日、モーション・ブルー・ヨコハマに出演する。5:30/8:30の2ステージ。
詳細は;http://www.motionblue.co.jp/schedule/?yr=2013&mn=3#2154


[2.24.2013Page Top >


●3/08 小曽根 真ソロ@東京文化会館プラチナ・ソワレ

東京文化会館のオリジナル企画、現代最高の名手が奏でる極上の音楽を"奇跡的な音響"を実現した小ホールで、を謳った「プラチナ・ソワレ」、第5夜「ザ・ジャズ・ナイト」にピアニストの小曽根 真が出演する。最近とみに円熟味が増したと評判の小曽根のピアニズムを満喫できる一夜といえそうだ。

詳細は;
http://www.t-bunka.jp/calendar/calview.html?ym=20133&d=9&m=small

[2.24.2013Page Top >


●3/08〜 藤原清登トリオ・ツアー

ヴェテラン・ベーシスト藤原清登を中心とするトリオのツアーとレコーディングが3月8日から西日本を中心に予定されている。ピアノはイタリアからダヴィデ・サントソノーラ、ドラムスはNYから福家俊介。ツアー打ち上げ後、トリオによる新作のレコーディングが予定されている。東京は、3/21「カフェ・コットンクラブ」(高田馬場)、3/25「KIKI」(国分寺)。スケジュールの詳細は;http://kiyotoclub.com/jap/index.html

[2.24.2013Page Top >


●3/27 マイルス・デイヴィスの未発表ライヴ『So What』

コルトレーン脱退直前の1960年4月9日、マイルス・デイヴィスのクインテットがアムステルダムのコンセルトヘボウで行った伝説のミッドナイト・コンサートが遂に陽の目を見る。半世紀以上を経て音源を発見、55レコードがコンセルトヘボウと組んで敢行してきたリイシュー・シリーズの7作目に登場するもの。2枚組で、2枚目はコルトレーンの代わりにソニー・スティット(as)が参加(同年10月)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、ジミー・コブ(ds)と熱い演奏を展開している。


[2.24.2013Page Top >


●『坂田明/平家物語 実況録音 映像編』リリース&DVD発売記念ライヴ

2011年に発売されると同時に話題となり、現在もロングセラーを続けるCD『坂田明/平家物語』(doubtmusic)。その『平家物語』を坂田の案に基づいて高平哲郎が構成・演出したライヴが2012年6月に新宿ピットインで行われた。CDは坂田明の演奏と朗読による多重録音だったが、ライヴではジム・オルーク(g, vo)、田中悠美子(義太夫三味線, 浄瑠璃, 朗読)、石井千鶴(小鼓, 締太鼓, vocalies)、山本達久(ds,per)を迎え、バックスクリーンにはライヴ・ペインティングと絵巻物の画像を映し出し、音と映像でその世界を色彩豊かに、よりリアルに表現。その貴重なライヴの模様を収録したDVD『坂田明/平家物語 実況録音 映像編』が1月12日にdoubtmusicからリリースされた。
また、DVD発売記念ライヴが2月13日に秋葉原CLUB GOODMANで行われた。
詳細は:http://www.clubgoodman.com/blog/?cat=462


[3. 01.2013Page Top >

WEB shoppingJT jungle tomato

FIVE by FIVE 注目の新譜


NEW1.31 '16

追悼特集
ポール・ブレイ Paul Bley

FIVE by FIVE
#1277『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』(ピットインレーベル) 望月由美
#1278『David Gilmore / Energies Of Change』(Evolutionary Music) 常盤武
#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』(NoBusiness Records) 斎藤聡
#1280『Chris Pitsiokos, Noah Punkt, Philipp Scholz / Protean Reality』(Clean Feed) 剛田 武
#1281『Gabriel Vicens / Days』(Inner Circle Music) マイケル・ホプキンス
#1282『Chris Pitsiokos,Noah Punkt,Philipp Scholtz / Protean Reality』 (Clean Feed) ブルース・リー・ギャランター
#1283『Nakama/Before the Storm』(Nakama Records) 細田政嗣


COLUMN
JAZZ RIGHT NOW - Report from New York
今ここにあるリアル・ジャズ − ニューヨークからのレポート
by シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley,剛田武 Takeshi Goda, 齊藤聡 Akira Saito & 蓮見令麻 Rema Hasumi

#10 Contents
・トランスワールド・コネクション 剛田武
・連載第10回:ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 シスコ・ブラッドリー
・ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま
第1回 伝統と前衛をつなぐ声 − アナイス・マヴィエル 蓮見令麻


音の見える風景
「Chapter 42 川嶋哲郎」望月由美

カンサス・シティの人と音楽
#47. チャック・へディックス氏との“オーニソロジー”:チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー 〈Part 2〉 竹村洋子

及川公生の聴きどころチェック
#263 『大友良英スペシャルビッグバンド/ライヴ・アット・新宿ピットイン』 (Pit Inn Music)
#264 『ジョルジュ・ケイジョ 千葉広樹 町田良夫/ルミナント』 (Amorfon)
#265 『中村照夫ライジング・サン・バンド/NY Groove』 (Ratspack)
#266 『ニコライ・ヘス・トリオfeat. マリリン・マズール/ラプソディ〜ハンマースホイの印象』 (Cloud)
#267 『ポール・ブレイ/オープン、トゥ・ラヴ』 (ECM/ユニバーサルミュージック)

オスロに学ぶ
Vol.27「Nakama Records」田中鮎美

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説
#4『Paul Bley /Bebop BeBop BeBop BeBop』 (Steeple Chase)

INTERVIEW
#70 (Archive) ポール・ブレイ (Part 1) 須藤伸義
#71 (Archive) ポール・ブレイ (Part 2) 須藤伸義

CONCERT/LIVE REPORT
#871「コジマサナエ=橋爪亮督=大野こうじ New Year Special Live!!!」平井康嗣
#872「そのようにきこえるなにものか Things to Hear - Just As」安藤誠
#873「デヴィッド・サンボーン」神野秀雄
#874「マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット」神野秀雄
#875「ノーマ・ウィンストン・トリオ」神野秀雄


Copyright (C) 2004-2015 JAZZTOKYO.
ALL RIGHTS RESERVED.